私の家族たち

サイト公開時から今まで、我が家で家族として暮らした子たちを紹介します。

  • 【愛猫】レオ、ビク、チャトラン、トロ、おつう、ちびまる太、みけ、ハナ、お栄、シロロ、くるるん。
  • 【ほかの動物たち】フー、ミー(ウサギ)、くるみ、どんぐり(シマリス)、ラム、ゴン(犬)。

以上の他には、子供のころは金魚や虫たち、大人になってからは、ウサギ2羽、シマリス2頭、ハムスター(ゴールデン・ジャンガリアン・キャンベル)計約40頭と暮らしました。

レオ

愛猫レオ

うち中で一番偉い、どこの誰よりもすばらしい、かけがいのない存在だった猫。
人語をほぼ完ぺきに解し、ヒトと 対等に会話する、超天才猫でした。
1997年1月13日保護。男の子。
*2010年5月13日に肉体を脱ぎ捨て真の守護神に昇格しました。
→ポートレート集

ビク

愛猫ビク

保護当初、ビクビクしていたのでビク、その後ビクトリアに改名。小食で痩せ型だが、敏捷さは一番。自分の前足肉球をチュパチュパする甘えん坊さん。チャトランとは仲良し姉妹。
1999年春保護。女の子。
*2017年3月23日に永眠しました。
→ポートレート集

チャトラン

愛猫チャトラン

誰にでも愛想がよい、ナデナデ大好きな子。ほとんど撫でられフェチって感じ?ニャン、ニャンとおしゃべりです。歌うように鳴く声が可愛い。 姉妹のビクと大の仲良し。
1999年春保護。女の子。
*2015年12月16日永眠しました。
→ポートレート集

トロ

愛猫トロ

10歳を超えるまで8kgを超える体重を誇っていた大物。特徴あるより目が最大のチャームポイント。我が家きってのトラブルメーカーで、なぜか、あらゆる騒動の中心には、常に必ずトロの姿がありました。と同時に、最高の保父さんでもあり、かいがいしく子猫の面倒を見るやさしい猫です。
1999年春保護。男の子。
→ポートレート集

おつう

愛猫おつう

何度も死にそうになりながら、奇跡的に助かってきた子。保護後13ヶ月もオムツをしていました。うちに来たのはみけより後だが、実年齢は多分みけ、ちびまる太より上。
野性味たっぷりな子でした。
1999年秋保護。女の子。
*2008年6月25日に永眠しました。
→ポートレート集

ちびまる太

愛猫ちびまる太

賢いレオと、巨猫トロに押されて、いつも遠慮がちな「最下位オス」とちょっと可哀想。
でも実は、鼻筋の通った、いや、鼻に茶色い筋が通った 一番のハンサムさんと評判の子です。 静かで大人しく、優しい目をしています。
1999年秋保護。男の子。
*2013年11月22日に永眠しました。
→ポートレート集

みけ

愛猫みけ

こんなに可愛い顔をしているのに臆病で、家族以外の人はその姿を見ることが出来ない!とても穏やかで性格の良い子です。誰とも喧嘩したことがありませんし、子猫の世話もします。長らく「末っ子」だったこともあり甘えん坊ちゃん。
1999年秋保護。女の子。
*2015年12月12日永眠しました。
→ポートレート集

ハナ

愛猫ハナ

2004年11月14日、山中のキャンプ場にひとりでいたところを保護され、うちの子に。 その時推定生後3ヶ月くらい。
美しきこと花のごとく、あでやかなること華のごとし。 ・・・という意味ではありません(汗) 鼻の横に点々とついた模様を見て思わず 「鼻くそちゃんだぁ」と呼んだことから ‘ハナ’ちゃんとなりました。
別名「ブラックデビル」。 女の子。
→ポートレート集

お栄(栄ちっち)

愛猫栄ちっち

2010年6月10日に保護されました。保護時、推定4週齢ほどの幼さ。鳴き声が「えいっ、えいっ」と聞こえることから「えい」という名前に、また、その時たまたま良寛さん関連の本を読んでいて良寛さんの幼名栄蔵から「栄」の漢字をもらいました。
女の子。

シロロ

愛猫シロロ

2013年8月22日に保護された3兄弟。
猫風邪がひどく、目がふさがっていましたが、人工哺乳で立派に育ちました。甘えん坊で、抱っこ大好き。
男の子。

くるるん

愛猫くるるn

2013年8月22日に保護された3兄弟。
赤ちゃん時代の猫風邪の影響で、両目に障碍が残ってしまいました。左目は委縮したようになっています。右目は白濁していますが、光は感じられるようです。 目が見えなくても、やんちゃで活発、ものおじしない、愛らしい性格です。
男の子。

ほかの動物たち

くるみ(シマリス)

シマリス

気の強い女の子。 4,5回も脱走経験がありますが、追いかけるネコ達を振り切って、最後まで無傷の強者でした。鼻先に乗せているのは新聞紙の切れ端。
★2006年1月に永眠しました。

どんぐり(シマリス)

シマリス

うちに来た時はすでに大人で 全然人慣れしませんでした。
男の子。
★2004年4月26日に永眠しました。

フー(ウサギ)

ウサギ

気が強く、ネコを追いかけて頭突きする大型ウサギ。 怒ると後ろ足をダンダン踏みならします。
男の子。
★2005年1月13日に永眠しました。

ミー(ウサギ)

ウサギ

フーと兄弟ですが、フーよりひとまわり小さく気も弱い、おとなしい子です。写真ではよくわかりませんが、 フーより色が濃く、毛がバサバサ抜けやすい。その抜けた毛がタバになって
腰についていたりしするので、 コロコロが欠かせません。
男の子。
★2007年1月17日永眠しました。

ラム(犬:ミニチュアシュナウザー)

犬

いちおー、これでも血統書付きミニチュアシュナウザー犬。でも、高額なシュナウザーカットはしないから このとおりモシャモシャで、品種がわかりません。
こうみえても、女の子です。
*2005年6月30日永眠しました。

ゴン(犬:日本犬)

縄文柴犬

2015年秋、放浪しているのを発見、元飼い主探しをするも甲斐なく、2016年3月22日、遺失物法により正式に所有権を獲得。
いわゆる地犬というか、キツネ顔の縄文柴犬と思われます。警戒心強く私以外の人間には決して触らせません。保護時すでに成犬で年齢もわかりません。
男の子。