里親掲示板バナー   多頭飼育崩壊事例   猫算物語

動物病院ですべき検査と、料金について。

「嫁入り支度」に欠かせないのが、動物病院でのきちんとした検査。 ノミやダニがいれば駆除し、病気があれば治療する。

良いおうちに嫁ぎたいなら、身なりを整えなきゃね? 

動物病院で、どんな検査をするの?

言うまでもありませんが、怪我をしていたり、見るからにどこか病気なら、まずその治療をします。 次に書くのは、見た目健康そうな猫の場合についてです。

里親募集する前に是非済ませておきたい検査や受けさせたいワクチン等を以下に書きます。

(1)目で見て=外部寄生虫の検査と駆除(必須)

ノミやマダニ、耳ダニなどがいれば、駆除してください。 特にノミはもし繁殖するとヒトをも噛みます。 スポットオン式(肩胛骨の間に滴下する)やスプレー式の良い駆虫剤がありますから もし寄生が認められた場合には動物病院で購入してください。

市販のノミ取り首輪などはお奨めできません。

(2)検便して=腸内寄生虫の検査と駆除(必須)

糞便検査で見つける寄生虫は、ネコ回虫、マンソン裂頭条虫などです。

野良猫の子猫や、ある期間外で暮らした猫は、寄生されているのが普通と思ってください。 サナダ虫など体も大きいし気持ち悪いと思われるかもしれませんが、ノミみたいに ヒトを噛んだりは絶対にしませんので、ノミ・ダニより実はずっと扱いやすい寄生虫です。

猫

(3)FIV+FeLV検査(可能月齢であれば)

FIVとは、ネコ免疫不全ウイルス感染症、通称ネコエイズのことです(Feline Immunodeficiency Virus)。

FeLVとは、白血病ウイルス感染症のことです(Feline Leukemia Virus)。

私の経験上、検査済みかどうかで里親募集の反応がかなり違います。 良縁を求めるなら、できれば検査しておきましょう。

どちらも陰性なら万歳です。堂々と里親募集してください。

もしどちらか、あるいは両方が陽性でも悲観しないでください。 陽性の子も多く里親募集されていますし、陽性の子を探している里親さまもいらっしゃいます。

(4)ワクチン接種(可能月齢であれば)

現在、猫に行われるワクチンには以下の種類があります。

  • 3種混合=猫伝染性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症
  • 4種混合=上記3種、プラス、猫白血病ウイルス感染症
  • 5種混合=上記4種、プラス、猫クラミジア感染症

 ワクチンは、初めての時は、間に3~4週間置いて2回打ちます。 子猫は生後2ヶ月くらい、体重1キロくらいになったときに、1回目のワクチンを接種できます。

動物病院に行って普通に「猫にワクチンを・・・」というと、5種混合をうたれる場合が多いです。 しかし、完全室内飼いで、予算的に苦しければ、3種混合でもかまわないと思います。 いずれ里親様が、もし必要と感じれば、4種あるいは5種をうってくれるでしょう (^_^)

(5)避妊・去勢手術(大人猫の場合は必須)

大人猫を保護した場合は、ぜひ行いたい手術です。 また手術済みの方が良縁に恵まれるチャンスもぐっと増えます。

手術代はかかりますけれど、どうか頑張って手術してあげてください。  

(6)その他(必要に応じて)

血液生化学検査をすれば、病気や内臓の状態がかなり分かります。 尿検査をすれば、大人猫(とくに雄猫)に多い尿路疾患が分かります。 猫に不必要な検査まで次々とする必要はないと思いますけれど、 状態によって必要と判断されたのであれば、ぜひ検査・治療してあげてくださいね。

猫

診療料金が心配です・・・

動物病院の待合室に、診療料金表が貼ってあることが多いようです。 また、数は少ないですが、HPで診療料金表を公開しているところもあります。 近所に猫を飼っている人がいれば、病院の評判を尋ねてみる、 朝や夕方に公園などワンちゃんのお散歩スポットに行き、犬飼い主たちに 尋ねてみる、なども一つの手段です。

どうしても心配な場合は、猫を連れていき
「さっき、公園でこの子を拾いました。 とりあえずノミや耳ダニのチェックをお願いします」
と診せて、いろいろ相談されたらいかがでしょうか。 よい獣医さんなら、最低限必要な検査や料金もちゃんと教えてくれるはずです。 もしたとえそこがあまり良い病院でなかったとしても・・・耳ダニの検査程度なら 金額もたかがしれています。

以下に、検索で見つけられた動物病院の診療料金表をまとめてみました。 全国18の動物病院の平均・最低・最高料金です。 (ただしすべての病院が下記全項目について金額を公開しているわけではありません)

これを見ても診療料金には大きなばらつきがあることがわかります。 あくまで参考資料としてご覧ください。

  平均 最低 最高 メモ
初診料 ¥1,740 ¥525 ¥3,150  
再診料 ¥622 ¥0 ¥1,050  
3種混合ワクチン ¥4,472 ¥3,900 ¥5,500  
5種混合ワクチン ¥7,175 ¥6,500 ¥8,000  
糞便検査 ¥868 ¥525 ¥1,500  
血液生化学検査 ¥8,308 ¥8,000 ¥8,925 1検査項目につきいくらと細かく設定している病院あり
FIV・FeLV検査 ¥6,000 ¥4,000 ¥8,000  
避妊手術 ¥24,712 ¥18,000

¥38,000

麻酔料金含む
去勢手術 ¥14,452 ¥10,500 ¥23,000 麻酔料金含む

(2007.8.23現在 このときの消費税は5%)

*こちらのHPも参考にどうぞ。 全国の動物病院料金が詳細に調査されています。
日本獣医師会 > 小動物診療料金の実態調査結果

猫

 

猫顔アイコン 前へ戻る←  →次へ進む 猫顔アイコン