猫とネコとふたつの本棚インターネット猫店街ペット保険>保険トップページ

  ペット保険・ ペット共済

ここは猫サイトです。内容はすべて猫を対象としています。
いぬのきもち・ねこのきもち
猫SOSバナー
カスタム検索


保険・共済トップページ

  ・各社保険内容
  ・質問と各社比較
  ・アンケート結果

 

インターネット猫店街
 ・キャットタワー
 ・猫ケージ
 ・猫トイレ
 ・猫キャリー
 ・猫ハウス
 ・暖かグッズ
 ・ひんやりグッズ
 
 ・抜け毛対策
 ・いたずら対策
 ・猫の防災と避難
 
 ・ノミ・ダニ・寄生虫
 ・下部尿路疾患FLUTD
 ・口内炎・歯肉炎
 ・赤ちゃん猫
 ・介護・おむつ・ケア用品
 
 ・処方食・療法食
 ・プレミアムフード
 ・フェリウェイ
 
 ・お勧め猫ショップ
 ・総合ショッピングモール
 ・猫の雑貨屋さん
 ・ペット保険・ペット共済
 ・にゃぁぁまぞんっ

猫砂レポート
システムトイレ比較
猫草研究
猫同居の工夫

インターネット書店街
ショッピング街

猫の本
ジャンル別
著者索引
書名索引
更新順

 

■猫クイズ■

猫のような肉食動物の消化管は、馬など草食動物の消化管に比べて・・・

(A)短い
(B)同じくらい
(C)長い

答えはこちらのページ

 

■猫クイズの答え■
問題はこちらのページ

B)1日のうちでも大きく変化する。

ネコもヒトも、「尿pHは5.0〜8.0の範囲内でめまぐるしく上昇・下降を絶えず繰り返しているものの、やがてpH6.4±0.2の弱酸性にもどる」(「出てますか?弱酸性尿」より)。だから1回キリの採尿で測定した結果に一喜一憂するのはあまり意味が無く、一定期間、日に何回かずつ調べるのが望ましいのです。

     

☆☆☆

 

このコンテンツの内容は全て2006年2月中に各保険会社より受け取った資料、および、同じく2006年2月末現在各保険会社の公式HPで公開されている情報に基づいています。

 


 管理人には1996年生まれ(推定)の子を筆頭に現在8ニャンの猫たちがいます。
 そろそろペット保険に加入するにはギリギリの年齢となりつつある子がいるため、2006年2月にペット保険やペット共済について、資料を集め加入を真剣に検討しました。
 せっかく集めた資料をそのまま捨て置くのも勿体ないと作ったのがこのページです。私は保険に関しては全くの素人です。いち飼い主として知りたかったことや疑問に感じたことなどを書いています。
 
 
各社別保険内容
     
    はじめに
    アニコム
    全国ペット共済会
    日本アニマル倶楽部
    日本ペットオーナーズ倶楽部
    PSクラブ ペットメディカルサポート共済 
    ペット総合保険センター
    Pri−Pet Club(2011/2/1現在見つかりません)
     
質問と各社比較
     
    はじめに
    加入に当たって健康診断等は必要ですか?
    うちの子、ちょっと問題ありですが、加入できますか?
    新規加入できる年齢は?
    終身保障ですか?
    各社 保障内容の比較
    こんな場合に、保険が使えますか?
    各社 保障対象外となる項目について
     
アンケート結果
     
    ペット保険に入っていますか?
    動物病院の診察料を高いと思ったことはありますか?
     


   


お役立ちリンク

 ・「社団法人 日本獣医師会」小動物診療料金の実態調査結果

  


【注意】
この「ペット保険・ペット共済」コンテンツの内容はすべて、私が2006年2月に各社から送付された資料、及び、コンテンツ作成時に各社HPに記載されていた内容を元に作成したものです。
また、管理人は保険業務のプロではありません。あるいは解釈を間違えているかも知れません。
より最新の、またより詳細で正確な情報については、必ずご自分で各社HPをご覧くださるか、または、各社に直接お問い合わせください。
(2006年2月末日)

 

 

*あなたを待っている猫さんがいます! こちら! >>> 猫の里親リンク集


猫とネコとふたつの本棚Homeへ戻る

☆☆☆