同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

キャットタワー購入記:
ペピイ【にゃんこアスレチックタワー】は、多頭飼いにおすすめ

  1. PEPPYオリジナルタワー2つ目【にゃんこアスレチックタワー】は、多頭飼いにお勧め
  2. 同じカテゴリー
  3. 関連コンテンツ

目次 ページトップ

PEPPYオリジナルタワー2つ目【にゃんこアスレチックタワー】は、多頭飼いにお勧め

キャットタワーがもうひとつ欲しい

うちでは、障子欄間の障子を取り払って、猫たちに開放しています。ちょうど良いキャットウォーク+休憩所となっています。

キャットタワー購入記 組立て中

欄間に上がるには、階段状に置いた収納ケースや戸棚から。

キャットタワー購入記 組立て中

反対側は、昔はこの段差約1mを軽々と飛び降りていたのですが。(障子紙は撤去してあります。猫達に破られないように・・・笑)

キャットタワー購入記 組立て中

7ニャン中6ニャンがシニア年齢となった今、つらくなりました。もっと上下しやすいものを置いてあげないといけません。

ペピイ・オリジナルキャットタワー2つ目

ペピイ・タワー1台目は【キャットペントハウス・オレンジ】でした↓

キャットタワー購入記 組立て中

4年も使えば、さすがに汚れや色あせは出てきますが、クロスがはがれたり 麻紐が緩んだりする事も無く、グラつきも無く、安定感ばっちり。

ということで、

2つ目のペピイ・オリジナル・キャットタワー \(^o^)/

【にゃんこアスレチックタワー】

キャットタワー購入記 組立て中

     
  • サイズ(約) :幅86cm x 奥行54cm x 高さ178cm
  • 商品重量(約): 25.5kg
  • 主剤: MDF材、紙管、麻、ポリエステル、綿
  • 価格: 18,900円+送料(2012/9/5現在)

商品が届きました

部屋にデーンと置かれた箱。大きくて、とても重い!

いえいえ、高さと重量のある大きなタワーだからこそ「これなら多頭飼いでも大丈夫」と、判断したんだし、大きくて重いのは当然なのですが・・・

キャットタワー購入記 組立て中

キャットタワー購入記 組立て中

タワー重量 + 箱など梱包材の重量 = 総重量約27.5kg!

女性の一人暮らしの方は、箱の置き場所をあらかじめ準備して、宅配のお兄さんにそこまで運んで貰ってください。かよわい女性一人では多分動かせません。

中身はこんな感じ。↓

キャットタワー購入記 組立て中

パーツを全部取り出して、並べてみました。↓

キャットタワー購入記 組立て中

ネジやレンチは、丈夫なビニール袋にはいっていました。組み立て説明書は1枚(A4サイズ、白黒)。↓ 

キャットタワー購入記 組立て中

丁寧な図解で、分かりやすい説明書。↓

キャットタワー購入記 組立て中

柱には番号シールが貼ってありますから、迷うことはありません。

キャットタワー購入記 組立て中

まず、ねじ類を取り出して、クッキーの空き缶にいれます。猫同居者の鉄則「遊ばれそうなパーツは、必ず箱かトレーに入れよ!」。↓

キャットタワー購入記 組立て中

 

組み立て開始

その前に用意すべきは【手袋】。

説明書にも
 「組み立ての際、軍手等を着用してください。」
と書いてありますが、私は、薄手の作業手袋(ガーデニング用)を用意しました。てのひら側はゴム、手の甲側は通気性の良い綿、ぴったりフィットして、細かい作業がしやすい手袋です。↓

キャットタワー購入記 組立て中

真新しい麻柱は、繊維もまだコシがあって、素手でギュッと握ると、少しチクチクします。特に女性は、手袋があった方が良いというか、必須でしょう↓

キャットタワー購入記 組立て中

さて、タイマーをセットして、組み立て開始。

説明書通りに、ひとつひとつ、組み立てていきます。ネジは手でネジを差し込んだあと、柱を手で持って回したり、付属のレンチ(かぎ型にまがった金属棒)を使って締めます。

キャットタワー購入記 組立て中

棚板の、ネジ用の穴。下側(板)の穴は余裕でネジを差し込める大きさがありますが、上側(布)の穴は小さ目で、ネジ最少径のサイズ。破らないでネジが入るか心配になるほど、ギリギリなサイズです。

でもそのおかげで、組み立て後、ネジ穴が横からはみ出して見えるなんて事なく、綺麗に仕上がるんですね。↓

キャットタワー購入記 組立て中

説明書と、パーツに貼られたシールを照らし合わせ、柱にネジを差し込んでいきます。シールは剥がさなくても、隠れるから大丈夫です。↓

キャットタワー購入記 組立て中

ジョイントボルトは、溝が切ってある部分を柱にねじ込みます。回し方を間違えたらボルトが柱の中に落ちちゃうのでは、と不安でしたが、溝が切っていない部分に差し掛かるところで、ちゃんと止まりました。

この溝が切っていない部分に、棚板を差し込みます。↓ 

キャットタワー購入記 組立て中

底板のボルト穴は深めに掘ってあります。ボルトが床に当たらないよう、奥までしっかりねじ込みます。↓

キャットタワー購入記 組立て中

愛猫たちも、説明書を見ながら、せっせと手伝ってくれました???

キャットタワー購入記 組立て中

組み立て時間は、約42分でした

以前の【キャットペントハウス】は、組み立て時間わずか15分でした。

今回の【にゃんこアスレチックタワー】は、【キャットペントハウス】よりずっと大型で複雑、パーツの数も倍以上。

にもかかわらず、組み立てに要した時間は、約42分でした。(写真撮影時間含む)

柱本数が多いにもかかわらず、組み立て時間が早かったのは、柱の固定法(ネジの締め方)が「柱を手に持って回す」、または、「レンチを回す」だったからだと思います。

これらの方法は「ドライバーでネジを回して締める」より、かなり小さな力で行うことができます。そのため、熟女世代の私でも、休まずにどんどん組み立てられました。

で、・・・

組み立てに関しての感想は、【ペントハウス】で到達した結論とほぼ同じとなりました。『ペピイのキャットタワーは、大型タイプであっても、女性ひとりで組み立てOK』 (笑)

感想

【良いと思ったところ】

●安定感がある♪
5本の柱+重量のあるハウスが、しっかりとタワーを支えています。下部が重い円錐形で、グラつきがありません。カタログでは使用体重目安は8kgまでとなっていますが、・・・この数字、控えめすぎじゃないでしょうか?

●ハウス、カップ、板状棚、ドーナツ型棚と色々♪
うちは現在7ニャンですが、 このタワーなら、複数の猫たちが一緒に遊んだり、バラバラに寝たりできます。

●長い柱がある♪
ちびまる太は、垂直な場所に伸び上って爪とぎするのが好きです。このタワーには長い柱があるので、ちびまる太が嬉しそうです。

●棚がクッション仕様♪
私が選んだ「ドット柄」は、さらりとした綿素材なのですが、綿クロス1枚の直貼りではなく、クロスと棚板の間に、何かクッション素材が挿入されているようです。そのため、さらりとした手触りながら、ボア素材に負けないクッション性があり、寝心地が良さそうです。

●見た目より、組み立てが楽♪
上記の通り、組み立てに怪力は要りません。女性一人でも、あまり苦労なく、組み立てられると思います。

【惜しい!と思ったところ】

●説明書の文字が小さい
説明文も、図解も、とてもわかりやすくて良いのですが、A4サイズ1枚にまとめてあるので、全体的に小さいのです。せめてB4サイズなら、近視や老眼の人も読みやすくなるのでは。

●カップの下側
カップの下側の処理が、【キャットペントハウス】と比べて、少し雑です。他の棚の下側は、床に寝ない限り見えませんから、全然気にならないのですが、天辺のカップ下側は、高い所にあるので、つい目に入ります。カップだけでも全面布貼りなら、もっと良かったのに。

↓向かって左が【にゃんこアスレチックタワー】、右が【キャットペントハウス】

キャットタワー購入記 組立て中

 ↓さっそく遊ぶ愛猫たち。
ハナ 「これはアタチのタワーでち!来ちゃだめでち!」
トロ 「えーん、ボクも登りたいよぅ」
お栄 「またハナ姉たんがトロ兄たんをいじめてるにゃ」

キャットタワー購入記 組立て中

↓お栄「このハウス、なかなか良いにゃ」

キャットタワー購入記 組立て中

copyright of this chapter ©2012- nekohon all rights reserved

*「ペピイ キャットタワー」を探す*

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー