同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

キャットタワー購入記:
ベルーナのキャットタワーを買いました

  1. ベルーナのキャットタワーを買いました
  2. 同じカテゴリー
  3. 関連コンテンツ

目次 ページトップ

ベルーナのキャットタワーを買いました

こんなタワーが欲しい

私が希望するキャットタワーの基準は以下のようなものでした。

●据え置き型。
家の構造上、天井突っ張り型が置けない。

●最上段が広いこと
うちの猫たち、団体行動が多いんです。広くないと喧嘩に。

●ある程度の高さがあるが、あまりに背高のっぽでないこと。
高くないと楽しくないし、高すぎると倒れたときに危険。

キャットタワーを購入しました

選んだのは、【通信販売のベルーナ 】 の【運動不足解消!ネコちゃんタワー:ワイドベッドタイプ】(旧タイプ)。

高さ150cmと、据え置き型としてはまあまあの高さで、最上段はロフトベッドのようになっているキャットタワーです。価格は、税込み 15,540円+送料。

購入を申し込むと、すぐに、「ご注文確認メール」が来ました。その翌日に 「入荷予定のお知らせメール」(=注文日から1日後)。さらに3日後に「商品発送のお知らせメール」(=注文日から4日後)。伝票番号が記載され、ネットで配送状況が確認できるようになっています。

実際に商品が我が家に到着したのは、その翌々日午後(=注文日から6日後)。

キャットタワーが届きました!

思ったよりは小さい箱でした。84cm x 52cm x 高さ48cm。

でも、かな~り重い!

開封前から遊ぼうとする猫たち。さては、中身をかぎつけたか?

キャットタワー購入記 組立て

↑ハナ(白黒)とビク(茶トラ)。畳はバイト数を落とすためにボカシを入れました。

箱を開けたら、猫たちがつぎつぎと集まってくる。おおい、まだ早すぎるぞ~これから組み立てるのに。

キャットタワー購入記 組立て

↑ハナ+茶トラ軍団。好奇心の強い軍団です。

キャットタワー購入記 組立て

↑もう爪といでいるしぃ! 第一、それ、棚板の裏面だよ~ 

まず説明書を取り出す。

A4一枚の紙の、表側に簡単な説明や、パーツの写真。裏側に組み立て方の説明。白黒写真に少しぼけたような印刷で、ものすごくわかりやすいとは言えないけど、難しい機械じゃないし、まあこの説明で十分でしょう。

自分で用意するのは、プラスドライバー1本だけ。

キャットタワー購入記 組立て

↑表側。説明書きとパーツ説明。

キャットタワー購入記 組立て

↑裏側。組み立て方の説明。

説明書を見ながら、パーツが揃っているかどうか点検。

棚板や柱、ハウスなどは、説明書通りのものが、説明書通りの数、ありました。しかし、ネジは・・・

  • 大ネジ   3本→3本
  • 中ネジ  14本→15本
  • 小ネジ   1本→1本
  • 細ネジ  10本→11本
  • ワッシャー 0個→1個

と、説明書より中ネジと細ネジが1本ずつ計2本多い!しかも、説明書にはないワッシャー(◎型の、金属の丸い輪)も入っている。このワッシャーは高さの微調整が必要になったときに使えということでしょうか。

組み立てた結果わかったことですが、実際には中ネジは13本しか使いませんでした。説明書の14本はすでに1本余分に見ていたんですね。で、実際には説明書よりさらに2本多く、ワッシャーも入っていたのですから、何となく得した気分にゃん。

キャットタワー購入記 組立て

↑その間も遊び続けるハナ。付属のネズミおもちゃを見つけて興奮。シャカシャカと音が出ます。

キャットタワーの組み立て開始!

いよいよ、組み立てにかかります。

必要なのは、六角レンチ(これは付属品)と、ドライバーと、ネジを入れる箱(ネジをその辺に置いておいたらたちまち誰かがじゃれてどこかへいってしまいますから)。

説明書には「必ず二人以上で」と書いてあるけど、この家には人間は私ひとりしかいない。そのかわり、借りられる猫の手ならわんさとある。ま、なんとかなるでしょう。

説明書通りに組み立てていく。

キャットタワー購入記 組立て

↑下半分が完成。組み立てている最中にすでに遊びまくる猫たち。じゃ、邪魔だ・・・!

キャットタワー購入記 組立て

↑上の写真ではチャトランが楽々ハウスにはいっていたけど、7キロ超のトロにはちょっとせまいかな?ところで トロくん、ハウスから出てください。キミがハウスにつまっていると、その上に柱を立てられません。

キャットタワー購入記 組立て

↑あのう、そこにも柱を立てたいんですけれど。おもちゃで遊ぶのはもう少し待ってね?

キャットタワー、完成!

荷物が届いたのは午後3時ちょっと前でした。すぐに開封し、組み立て開始。すべて終了したのは午後4時。

約1時間かかりましたけれど、写真を撮ったり、猫をどけたり、邪魔な猫をどけたり、さらにうるさい猫をどけたり(笑)しながらの作業でしたから、もう少し邪魔されない環境で集中して組み立てたら、もっとずっと早く組み立てられるはずと思います。

ホームセンターで材料を買ってきてすべて手作りする手間を考えればやっぱり市販キャットタワーは簡単で良いですね。

キャットタワー購入記 組立て

↑完成! すでに猫たち、遊びまくり。

キャットタワー購入記 組立て

↑付属おもちゃのチェックも入念に。
「これ、シャカシャカと音がするニャン!」

キャットタワー購入記 組立て

↑最上段ベッド部分の、猫型の穴から顔を出すハナ。

キャットタワー購入記 組立て

↑このベッド部分はイメージより幅が狭かったけれど、複数の猫たちが登って遊ぶスペースは十分にあります。

キャットタワー購入記 組立て

↑「せっかくキャットタワーを買ったのに、遊んでくれるようになるまで  数ヶ月もかかった」という猫さんもいるようですが、うちの猫たちは初日からそれは楽しそうでした。買って良かった♪

(でも、ハンモックとトンネルはどの子も今のところ完全無視。このトンネル、成猫には小さすぎるのでは?子ねこなら喜びそうですが。)

キャットタワー完成後に感じたこと

最上部のベット部分の、周囲の枠(肉球や猫顔の穴が開いている部分)の取り付けが甘いように思います。

肉球模様はネジ2本、猫顔模様はネジ3本で留めるのですが、台座がMDF材であり、ねじ穴の中にアンカーが使用されているようですが、それでもネジ効きの強度に不安が残ります。木工ボンドを流し込んでからねじを締めるか、場合によっては一部の枠は取り付けずに使う方が安全かもしれません。

私は結局、向かって左側の肉球模様をはずしてしまいました。この方が登りやすいし、この肉球模様が無くても、他の三方が囲まれているので、猫さんは十分に「アタチは茂みに隠れたニャンコ」気分を味わえるようです。

キャットタワー購入記 組立て

↑写真の矢印部分にあった肉球模様の柵は取り外してしまいました。これで最上段に登りやすくなりました。

キャットタワー購入記 組立て

↑最上段でコロンコロンするハナ。キャットタワーがものすごく気に入ったようです。他の猫が登ってくると追い払います。ちょっと性格悪い(汗)
「ここはアタチだけの秘密基地にゃ!」

copyright of this chapter ©2007- nekohon all rights reserved

*「キャットタワー」を探す*

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー