猫草研究:はじめに

ウチの猫達は幼い頃は猫草をあんまり食べなかった。 なので、猫草は「常備品」とはなっておらず、たま~に気が向いた時にビニールポットに植わっている猫草(210-400円:店と時期によって値段が違う)を購入して食べさせていた。

年と共に猫達は猫草を喜ぶようになり、ある日、常備品とすべく通販で探す事にした。

安い物とか良さそうな物を探すうち目についたのが、5回分栽培できる「犬と猫が好きな草栽培セット(以下商品A)」と、「ニャッパ(以下商品B)」と言う商品名の猫草(栽培キット)だった。

商品Bはオオムギを使用しており
  「一般的な猫草はえん麦ですが、〈ニャッパ〉は大麦若葉を有機栽培しているので、人が健康食品として食べられるくらい、安全でヘルシーです。」
と言うキャッチフレーズが付いていた。

このフレーズにたいそう心惹かれていたのは事実である。 しかし送料別で550円/3個、他の店では250円/個(送料別)と言う価格で、商品Aの5回分(種のみ10回分)で680円(送料別)と比べると高価のものとなっていた。

その時には商品Aを購入して与えたが、どうしてもオオムギ若葉の事が頭の隅に引っかかっており、調査開始するに至った。

ウチの常備品にするにあったっては、猫達の意見も重要であるため、同時に実験に参加していただく事にした。

*記載内容については、全て2007年6月現在のものである。

エンバク
朝露が綺麗な猫草(エンバク)

 

上記各商品についてお知りになりたい方はリンク先をご参照ください。

.

*** 猫はなぜ草を食べるのか? ***

猫はイネ科の草を好んで食べます。 なぜ肉食獣である猫が草を食べるのか、その理由は色々言われています。

●吐くため

尖った草を食べて胃を刺激し、寄生虫や、毛繕いの際に飲み込んだ抜け毛を 吐くために草を食べるのだという説。

実際に、猫は猫草を食べたあと、かなりの頻度で嘔吐します。 その吐瀉物の中には草が混ざっています。

●排泄を促すため

植物繊維を取ることで排泄を促しているのだという説。

「もともと動物は胃の調子が悪いとき、食べたものがよくないことに気づいて、 ちゃんともどすのがふつうである。または下痢などで、早く排泄してしまうと いうのが、ふつうであろう。このように自然な反応を引き起こしやすいように、イネ科の葉を食べるのだと考えることが出来る。 また、その葉が前述したように、未消化のままでていくならば、消化機能が働いているかぎりにおいて、そのため便通がよくなるという可能性がある。 だからネコは、消化不良のような状態がおこったときに、細葉を食べるわけ であろう。」
(『ネコはなぜ夜中に集会をひらくか』p72、小原秀雄著)

●葉酸などのビタミン摂取のため

葉に含まれる微量のビタミン、中でも葉酸を摂取するために草を食べるのだという説。

「葉には生物の基本的な代謝に必要なビタミンなどの補酵素が含まれ、 特に葉酸は赤血球の核を合成する抗貧血因子とされています。つまり新鮮なイネ科植物はねこにとってのサプリメントであり、薬草でもあるのです。 」
(『ネコと暮らせば』p146、野澤延行著)

●嗜好品として

猫草をよく食べる猫と、あまり食べない猫がいます。 猫草が好きな猫は、噛む時の感触が好きなのではないか、という説もあります。確かに、うちの8ニャンの中でも、猫草に目のない子がいる一方で、あまり興味を示さない子もいます。

猫が草を食べる理由は、おそらく最初の3つ、プラス、一部の猫にとっては、人間にとってのコーヒー等とおなじく、嗜好品ともなっているのではないでしょうか。

(背景色が黄色の項はトロンボーン著)

 

猫顔アイコン 前へ戻る back ←  → next 次へ進む 猫顔アイコン

copyright (c) 2007catwings