同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

目次 ページトップ

普通のはかり方

大人猫の体重のはかり方で、もっとも一般的な方法。

  1. 愛猫を抱きかかえて体重計に乗る。
  2. 愛猫をおろし、自分一人で体重計に乗る。
  3. 一緒に乗った重さから自分の体重を引いた数字が、愛猫の体重。

自分の体重を知りたくない人は (^^;) 猫さんをキャリーなどに入れて量ってください。

手のひらに乗るような子猫の場合は、キッチン秤で量ります。子猫がジタバタ暴れて量りにくいときは、(なにしろ子猫ってじっとしてくれない!!)子猫が乗れる大きさの食品用発砲トレイにミルクや猫缶の汁などをポトンと一滴たらし、子猫をトレイにのせて量ったりしました。子猫が臭いをかいでいる間に量るという作戦です。

キッチンスケールに乗る赤ちゃん猫

↑保護したとき、130gしかなかった子猫。体重増えたにゃ♪

copyright of this chapter ©2007- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

ベビースケール

赤ちゃん専用の体重計「ベビースケール」は、猫の体重計にぴったりです。

ベビースケール

私が持っているベビースケール。10g単位で測定でき、前回の数値を覚えている機能付き。体重測定は健康管理の基本。人間の赤ん坊より長期間使えますし、購入しておいて損はないと思います!

ベビースケールと猫

↑人間の赤ちゃん用にシートがついていましたが、猫に使う場合にはこのシート、無い方が量りやすいです。すべるし、猫が動くとずれて、表示に被さって読めなかったりします。

*「ベビースケール」を探す*

copyright of this chapter ©2012- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

吊り秤+レジ袋で

土曜日に注文しておいたデジタル吊りはかりが届きました。正確に体重管理をしたくて、いろいろ捜した結果ネットで注文したものです。

最低100gから計れ、最大20kgまでを10g単位で計れるといううたい文句。ホント?

早速、料理で使っている計量カップに200ccの水を入れぶらさげてみますと、「200g」の表示(あらかじめ計量カップの重さは差し引いておけます)。ふ~ん。

デジタルのキッチンはかりで計り直しても「200g」。吊りはかりとキッチンはかりはグル?

信じてニャンズの体重計測開始です。大きめのレジ袋を持っていけば、ボクもアタチもオイラもオレも、と入りたがるので手間要らず。

猫は袋が好き

入ってくれたところで吊りはかりにぶら下げて2秒静止。ブザーの音で計測終了。結果、梅4.66kg、竹蔵6.10kg、松吉6.16kg、福助3.75kg。梅ちゃんおしっこ。再計測で4.64kg。20ccのおしっこでした。

今日福助を病院で計ったら3.8kgでしたのでデジタル吊りはかりは正確かも?

ちなみに価格は送料込みで2300円弱でした。私の購入した吊りはかりの、大雑把ですが絵を描きました。

吊りはかり

全体の大きさは手の平に納まる程度。メインスイッチとゼロリセット、それに単位を変更するボタンがついてます。どうやら釣りの釣果記録用が主な用途のようです。メジャーが内臓されているものもありました。釣り道具屋さんで扱ってる可能性大です。

上の取っ手が金属リングなので、持つと手が痛くなり、ちょっと工夫が必要かも。

copyright of this chapter ©200 花水木 all rights reserved

目次 ページトップ

吊り秤+レジ袋で その2

なんといっても、ニャンズの体重をはかるたびに自分の体重を思い知らされなくて良いところがGood! (思い知った方が良いかも?・・・汗)

と、いうわけで。私も買いました!デジタル吊り秤。

本体と、その箱です。

猫体重測定用はかり

価格は2800円+送料。花水木さんの購入金額より少しだけ高かったけど、ニッと笑ったようなデザインに思わず購入ボタンをクリック。確かに測りやすい!!

うちの猫共、袋なら大人しく入ります。そして大人しく測らせてくれます。

唯一の欠点は、測定終了後も袋から出てくれないことかな(笑)。

猫の体重測定用はかり

上の、持つための金属の輪っかが細いので、花水木さんもご指摘の通りここを指でつり下げて猫さんの体重を量るのはちと指が痛い。それから、フックもあまり大きくないし深さもないので、レジ袋ならそのまま引っかけられますが、キャリーの持ち手など厚みのあるものを下げることは出来ません。ひもやテープで輪っかを作って引っかけるなど、独自で工夫してください。

ちなみに、私は登山用具を有効利用。まず、かもいにシュリンゲを引っかけて、カラビナを通し、デジタル吊り秤をぶら下げ、猫入りの袋をひっかける。これなら、8kgのトロの体重測定だって簡単にできる。(カラビナとは、開閉できる金属製の輪っかのことです【↓の写真参照】。 シュリンゲとは、登山用ザイルやテープを輪にしたものです。スリングとも。 )

猫の体重測定用はかり

↑「この秤のせいで、ボクの体重が8kg越えたことがばれちゃったよ・・・」

猫の体重測定用はかり

↑中身は、乾電池3本。20kgまで測定可能、分度値は10g。猫さんの体重測定には十分な範囲だと思います。

*「吊りデジタルスケール」を探す*

*猫がどのくらいレジ袋が好きかというと・・・

copyright of this chapter ©2007- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー