同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

目次 ページトップ

猫の爪を切る、これは、完全室内飼いの猫なら多くの方が実行されていることと思います。猫にとって別に問題はありませんし、人間や家具を守れるので良い方法です。でも、外出自由猫や外猫の爪は切らないで下さい!爪を切られたら、犬やライバル猫や人間に追いかけられたとき、うまく木等に登って逃げることが出来なくなってしまいます。

子猫の頃から

幼い頃から爪切りをして、爪切りになれさせましょう。

針のように細い子猫の爪を切るのが怖ければ (あまりに小さくて指まで切りそうで怖いですよね) 爪をニョッと出させてその先をつまんだり 肉球ムニムニして 遊ぶだけでも効果あると思います。 指や爪を触られることに慣れる、まずはここからスタート。

copyright of this chapter ©2003- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

いやがる猫の爪を切るコツ1

まず最初に、猫を思いっきり遊ばして疲れさせます。で、爆睡しているときにパチパチッと・・・。

寝ている間なのでボ~ッとしてて暴れないので 切りやすいですよ。

copyright of this chapter ©2003 ぽけち all rights reserved

目次 ページトップ

いやがる猫の爪を切るコツ2

つめ切りですか~~~ くー太は楽なんですけどね。膝に抱いて時々ちゅーちゅーしながらほめつづけると少し嫌がりますけど大体前足ぐらいはいっぺんにきれます。

もんだいはぱい子です。手を持っただけで身体の下に隠して無い無いをします。爆睡中を狙っても反射的に隠します。全部を切るときは旦那に押さえ込んでもらって二人で血だらけになって切ります。もしくはものすごくご機嫌のよいときを狙って 一本でも切れるだけ切るかです。最近ではだっこして

「ぱい子ってサイコー!!こんないい子は見たことないわー!! もーママぱい子が一番好きよ~~~~」

とほめ殺しで片手3本ぐらいはなんとかなるようになりました。この切り方の難点は全部の爪を切った頃、最初に切った爪がしっかりと伸びていることです。

copyright of this chapter ©2003 みやぼう all rights reserved

目次 ページトップ

いやがる猫の爪を切るコツ3

もしかしてうちの猫ちゃんだけに通用するのかもしれないけど、簡単な方法を発見できました。顔を軽くタオルで覆います。 何で今までこんなに簡単な方法に気がつかなかったのか~と不思議なくらい切れます。うちのだけですかね?

copyright of this chapter ©2003 さんかく all rights reserved

目次 ページトップ

管理人宅の猫の場合

なぜか、うちの猫たちは爪切り全然問題ありません。ちびまる太が少しだけ

「ボクね、本当は、イヤなの・・・」

と気弱に抵抗しますが、いつもあっさり四肢全部の爪を切られてしまいます。トロなんか最初から最後まで

「抱っこ抱っこ~~うれちぃ~~」

とゴロゴロ言いっぱなし。だからコツはわかりません、ごめんなさい。

強いて言えば、段から肉球や爪を触りまくっていることと、爪切りの時に変な歌を歌うことくらいでしょうか。その変な歌とは

♪ほい、ほい、ほい!
爪、爪、プッチン、プッチンプリン~~~
ぷっちん、ぷっちん、プッチンプリン~~~

などと、デタラメに歌うのです(恥)これは、人間側の緊張感を和らげ、その結果猫が安心するのではないかと 自分では思っています。そして、最後に一口オヤツをあげます。

copyright of this chapter ©2003- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

ところで、正しい爪切り方法って?

1本の爪を、切った先がとがらないように2方向から切り、さらにヤスリをかけるのが正しい爪切り方法だそうです。皆さん、爪を切るだけで苦労される方が多いのに これはかなりの高等技術のような(汗)。挑戦できる猫さんなら挑戦してください。うちの猫達は、爪切りは簡単ですが、ヤスリは無理です・・・

猫専用爪切りは、はさみの先が曲がったようなはさみ型です。うちにも1本あります。確かに切りやすいのですが、無理に買う必要は無いような気もします。メーカーなどは、「猫の爪は人間の平爪と違い、筒状になっているので必ず猫専用爪切りで・・」と書いているのですけれど、猫専用爪切りって、別に筒型をしているわけではありませんよね。大きめで、良く切れる人間用爪切りで代用しちゃいけないのかなあ? (犬やウサギには、ギロチンタイプの専用爪切りが必須だと思います。)

*「猫 爪切り」を探す*

copyright of this chapter ©2003- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー