同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

目次 ページトップ

安全な猫砂とは

市販の猫砂は、オシッコをすると固まったり、香がついていたり、トイレに流せたりと、色々便利です。私は田舎に暮らしていますが、使っているのは自然土ではなく、やはり市販猫砂です。

しかし、この便利な猫砂、盲信してよいのでしょうか?

猫はきれい好きな動物です。たえずセルフグルーミングして、つまり、自分の体を舐めています。トイレにはいったお手々もアンヨもペロペロします。

猫砂を口にしてしまう危険性とつねに隣り合わせということになります。

大人猫にお尻を舐めてもらう子猫

特に子猫は要注意です。好奇心旺盛な子猫は、しばしば猫砂を食べてしまうことがあります。

愛猫を日頃からよく観察し、もし猫砂を食べるようでしたら、別の種類の砂に取り換えましょう。

copyright of this chapter ©2006- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

固まる猫砂の安全性について

ベントナイトなどを主原料とする鉱物系の猫砂は、どの猫さんもたいてい使ってくれる、猫に人気の猫砂です。 特に外猫を保護した場合には、 まず鉱物系砂からトイレットトレーニングするのが経験上一番簡単に覚えてくれるようです。

また、オシッコがカッチリとよく固まるので、人間側としても掃除しやすい、使いやすい猫砂です。 固まりの数や大きさで、尿量や回数が簡単に把握できるので猫さんの健康管理上も便利です 。

このベントナイトは木系の猫砂にも混入されています。重量があり、かつ、良く固まるタイプの木系猫砂には、ベントナイトが含まれているものが多いようです。

が、ベントナイトが絶対に全く無害かというと、そうはいいきれないようです。

私自身が使っていても、微粉塵が良く出るので、時々むせそうになります。トピーや喘息の人や猫には最適な砂とはいえないかもしれません。

子猫

また、 専門家(猫砂メーカーの人)に聞いた話によれば

  1. 微粉塵が人間もしくは猫の肺の中にはいると膨潤(ぼうじゅん)し、危険性がある事
  2. 天然のいわゆる粘土の為、重化学金属が配合している危険性がある事

などが指摘されるそうです。

過度に神経質になる必要はないと思いますけれど、愛猫家の皆様は、そういう 情報も頭の片隅に入れておいてください。

copyright of this chapter ©2006- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

紙製・木系・穀物系(おからなど)の猫砂の安全性について

紙性や木系猫砂は、種類も豊富、燃やせたりトイレに流せたりと便利です。 また、おからなど穀物系猫砂は、なんといっても原材料が食物ですから、猫さんがあやまって口にしてしまっても大丈夫だろうという安心感があります。

しかし、これらの商品にもリスクが・・・

カビを防止するための防カビ剤/防腐剤の存在です。

すぐカビが生えてしまうような猫砂では売れません。しかし、湿気の多い日本で、紙や木や穀物を放置すれば、当然カビが生えてくるはず。

生えないのは、防カビ剤や防腐剤が混入されているから。

猫トイレ中

安全性の高いものが使用されてはいるのでしょうけれど、 使用されているという事実は忘れないでください。もし愛猫さんが、ある猫砂を食べやすい場合等は商品を替えるなど、食べないように気をつけてあげてくださいね。

もちろん、人間の幼児にもご注意ください。

余談ですが、聞いた話では、石油価格が高騰すると、おから砂の原材料も品不足になりがちなのだそうです。というのも、おからって、もともとは多くの水分を含んでいますよね。それを乾かす燃料代が高騰すると、乾かすよりは濡れたまま肥料等に売る方が効率良いということで・・・

猫砂の業界も色々大変そうです(汗)

copyright of this chapter ©2006- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー