同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

遊ぶの大好き:一緒に楽しく

  1. 追いかけっこ、などなど
  2. だるまさんがころんだ
  3. 同じカテゴリー
  4. 関連コンテンツ

目次 ページトップ

追いかけっこ、などなど

皆さんの「追いかけっこ」特集。道具なんか無くても猫さんと楽しく遊べる!!

ライニャン様談

ある日、ライが私の方をジ~っと見ているので、ナデナデしてあげようと思ったら、逃げる…。 追いかけたら、一階まで降りていって、ライは物陰から半分顔を出し覗く。 負けずに私も柱から半分顔を出し覗く、そうしたら、威嚇合戦の開始。 私が逃げたら、ライは追いかけてくる。 二階まで上がったところで、今度は私が物陰から半分顔を出して覗いたら、ライは警戒。 今度は私が追いかける。

これの繰り返し・・・。階段を10往復ぐらいしました! さすがに疲れた~。

追いかけっこは恋(もう1ニャンの名前です)として欲しい。私は猫ではありません。ライは私を同類だと思っているみたいです。そのうちシッポが生えてくるかな???

あんこ様談

追いかけっこ、我が家ではフツ~に遊んでます。イヤ、遊ばれてます(笑)

あと、『通せんぼ』。部屋の入り口に座り両手を広げて通せんぼする私。それを掻い潜ろうとフェイントかけて脇の下を狙うニーコ。時には、ジャンプして頭越えに挑戦! でも、考えてみたら、ニーコさんももう中年。そろそろ別の遊びも覚えようよ♪

猫王様談

うちは2匹いるのですが、それぞれ、私と遊ぶ場合の協定ができているようです。1匹は猫じゃらし系専門。もう1匹は投げもの専門(毛糸でできたゴムとか)。

1匹が遊んでる間は、もう1匹は遠巻きにしてみてます。それが不憫で、不平等にならないように別々に遊んでやるのは、けっこう疲れます。

追いかけっこは、昔、1匹だけのときにやってました(というか、やらされてた) 物陰にかくれてて、私が歩いてるかかとをがぶっ!! 怒り心頭で(けっこう痛い)、追いかけるのが、楽しそうでした(怒)。

今では、2匹目を迎えて、幸い、このような追いかけっこはなくなりました。にゃんこ同士で繰り広げてるみたいなので、やれやれです。2匹ともかかとの毛がすりへっているのが痛々しいですが…。

はるちん様談

3年前、友人が子連れで泊まりに来て小2と4歳の子供が家の中を走りまわし、レオを追いかけていました。台所もコースに加わっていたので、揚げ物をしていたし 「危ないからもうやめなさーい!」と子供に注意すると レオが子供たちを追い掛ける番だったみたいで レオが子供を追い掛けていました。 びっくりしましたよ~

らん様談

追いかけっこ、私やりますよ。猫さん相手にマジになってるって良く旦那さんから言われます。楽しいですわ。

うちも4歳半になるにゃん太がいますが、 今年、麗と明という子猫を保護して以来、昔ほど遊ばなくなりました。それでも追いかけっこは3にゃんで良くしています。にゃん太、自分が走り出して誰も追いかけて来ないと、戻ってきてなにやら文句を言ってますよ。

かお様談

ところで・・・私とブーニーの近頃の遊びは「顔半分攻撃」です。夜になると布団にもぐる前に必ず押入れ上段に1度入らないと気が済まないブーニー。半開きの押入れの扉から、私が顔を半分のぞかせると、なぜか大コ~フンしてパンチの嵐!不思議なことに顔全部見せると何も起こらないんですよね~。なんなんでしょう?

*顔を引っ掻かれないように注意してくださいネ。

ライニャン様談

分かります、分かります! うちのライはコーフンして、飛び掛るマネをします。「半分見える」というのが、猫の気持ちを揺さぶるんですね!

管理人談

うちは7ニャンもいますから猫同士の追いかけっこは毎日のこと。時には私も加わります。

レオは7歳ですが私が追いかけると 実に嬉しそうに逃げていきます。 そして私が
「あれ~~レオどこかな~~どこかな~~」
と、探すフリをすると、そっと覗きに来て
「にゃあ(ここにゃ~)」

子供と猫って、対等に追いかけっこしますよね。昔うちに猫はレオしかいなかった頃、4歳くらいの子が来たのですが、レオと全く対等に追いかけっこ・かくれんぼをして遊びました。

さらに電車ごっこ。環に結んだ綱でやるおなじみの遊び。男の子が車掌さんで紐をもって走るとレオが綱にじゃれて追いかけるのでお客さん役にぴったり。

ところが、「次はレオが車掌さん」と男の子が環の後ろに立ったときは遊びは成立しませんでした。

当然です、いくらレオが賢くても、車掌さん役で綱をくわえて走ってくれませんから。男の子は「レオ、お客さんばっかりはずるいよ」と本気で怒ってしまい、大人は思いきり笑いましたけれど、 本当に猫と幼児は対等なんですね。

猫

copyright of this chapter ©2003- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

だるまさんがころんだ

まり様談

背後に猫が歩いてくる気配がしたらおおげさに振り返ってみます。その時、猫が固まっているようだったら前をむきなおして「だるまさんがころんだ」と大きく言います。

そして振り向くと、動きがあったようなのに、また固まってる猫。

この遊びは人間だけが楽しいのかも知れませんが、 猫がつきあってくれると、とても嬉しいです。

ちょっこ様談

我が家も、モモコに遊んでもらって居ます。だるまさんが転んだの遊びを知ってるかのように、上手に固まります。 は~~~い!!そうですね・・・楽しいのは人間だけのかも・・・

猫まねき様談

タマラはノリノリです。 振り返るごとに、低い体勢で確実に近づいているタマラ。 迫りくる恐怖にだんだん短くなる「だるまさんがころんだ」。 言葉ももどかしく急いで振り返ると お尻ふりふり、黒目らんらんのタマラが、背後50cmに。 「ひぃぃぃっ!」と息をのむ一瞬。ここからは無法地帯。

“振り返っている”私に、地を蹴り、「Yの字!」で跳びかかるタマラ! 両手で猫パンチ! 少し離れて、弓なりピョンピョンで牽制! あまりの仕打ちに笑いが止まらない私に さらに追い打ちをかけるように足カプ!

楽しい…のかナ? スリルのある遊びです。

猫

copyright of this chapter ©2003- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー