猫とネコとふたつの本棚同居の工夫猫の尿量、および、猫の尿について  

 

  

 

猫の尿量、および、猫尿について

  

   

  

◆◆ 尿量の変化を家庭でチェック ◆◆

かず様からのご報告です。

『猫たちのトイレを2つ置いていますが、うちの子たちは、片方しか使いません。
もっぱら愛用しているのは、継ぎ足し不要のシリカゲルの砂です。
2ニャンが使うと,10日目を過ぎるころから砂が重く感じられるので、2週間に一度入れ替えています。

もう一方のシステムトイレを使うのは、年に数回程度で、シリカの砂が汚れて交換間際になった時だけです。

同じトイレしか使わない状態なので、ふと思いついて、使用前と使用後の砂の重さを量ってみました。
未開封の袋のままの重さと、使用後2重にしたレジ袋に入れた重さをメモ。
極めて大雑把な方法ですが、2ニャンが排泄した水分量を知る目安になるかなと思って去年の10月末から続けてみました。

ほぼ半年の数字は、2週間で1.2キロ程度。
(少ない時は1キロ、多い時は1.4キロでした。)

この重さが標準的なのかどうかは、わかりませんが、ほぼ安定しています。

2ニャンの体重は、リューバが5キロ強でナージャは4.5キロ前後です。
この体重も、ほぼ安定です(苦笑)

もうすぐ3歳になる、太目だけど健康な2ニャン。
これから年をとったら、砂の重さも変わってくるのでしょうか。
平日は留守番をさせていて、様子を見てあげることができないので、砂のチェックは続けてみようと思います。

写真は、きれいになったトイレを使用中のナージャです。

猫

 

砂の名前もお伝えする方が良いでしょうね。
トロンボーンさんも既にテストされている「ニオイが消えるシリカサンド
黄色い袋がよく目立つ商品です。』

(2012.05.06)

=== かず様 ===

 

 

ところで、「シリカゲル」には、A形・B形の2種類があるそうです。

A形は水分を能力いっぱいまで吸い尽くすタイプ。

B形は、A形より穏やかに給水し、そのかわり低湿度に置くと、
吸着していた水分をまた徐々に放湿(蒸発)させるタイプ、いわば「呼吸するシリカゲル」。

猫砂に使われるシリカゲルは、B形「呼吸するシリカゲル」です
(A形だと、空中の湿気をどんどん吸って満腹してしまい、猫尿を吸えなくなるからだそうです。)

ですので、使用前後の重量差=尿量、ではありません。

とはいえ、普通の密閉度の近代住宅で、人間が暮らしやすい室内環境が保たれている場合、
2週間単位の長期で比べるのであれば、蒸発量に著しい差がでることはあまりないでしょう。
猫砂の重量差を継続して計測するというのは、健康管理にとても良い目安になるだろうと思います。
中でも、高齢猫に多い腎臓の病気は「多尿」が特徴ですから、早期発見に役立つのではないでしょうか。

 

【参考サイト】

豊田化工株式会社 シリカゲルのページ
  * 世界で最初に「シリカゲル猫砂」を開発した会社のホームページです。

 

 

◆◆ 猫の尿量、および、猫尿について ◆◆

以下、健康な成猫の場合です。
猫の年齢、食事内容や飲む水の量、季節、環境、その他により変化しますので
あくまで目安としてお考えください。
少しでも異常が認められた場合は獣医さんにご相談ください。

  

 【 尿量 】

1日の尿量 = 体重1kgにつき、22〜30mlが正常範囲

正常量の、およそ
  ・ 2倍以上を多尿、
  ・ 1/2以下を乏尿、
  ・ 1/5以下を無尿
と考えます。

なお、多尿と頻尿を混同しないよう、ご注意ください。

猫の体重 1日の尿量の目安
2.0kg 44 - 60ml
2.5kg 55 - 75ml
3.0kg 66 - 90ml
3.5kg 77 - 105ml
4.0kg 88 - 120ml
4.5kg 99 - 135ml
5.0kg. 110 - 150ml
5.5kg 121 - 165ml
6.0kg 132 - 180ml
6.5kg 143 - 195ml
7.0kg 154 - 210ml

 

※尿量に影響を与える疾病・病的状態

(1)尿量の病的増量
 ・慢性進行性腎疾患
 ・真性糖尿病
 ・腎性糖尿病
 ・腎皮質低形成
 ・腎アミロイド症
 ・慢性化膿性腎炎
 ・子宮蓄膿
 ・副腎皮質過形成
 ・下垂体腫瘍による尿崩症

(2)尿量の病的減量
 ・発熱
 ・急性腎不全
 ・慢性原発性腎疾患
 ・循環障害による浮腫
 ・血圧低下
 ・尿路障害

 

 

 【 排泄回数 】

排尿は、平均1日2〜3回。
排便は、平均1日1回。

子猫は成猫より回数が多いのが普通です。

目が明かないような赤ちゃん猫はもちろん、生後1か月過ぎの子猫でも、
自力排泄がうまくできない場合があります。
幼猫が排泄しない(親猫や人間が世話しても排泄できない)ときは、獣医さんにご相談ください。

なお、捨て猫を保護した場合は、私の経験では、排尿がちゃんとできていれば、
排便の方は、保護直後の1〜2日は無い(できない)子が多いようです。
捨て猫はお腹の中がからっぽで、出したくても出ない場合がほとんどですから。
3日目になっても排便がなければ獣医さんにご相談ください。 

 

 

 【 尿の色 】

健康な猫尿の色は黄色〜琥珀色。
混濁は無く、透明です。

まだミルクだけの赤ちゃん猫の尿色はごく薄く、ほとんど無色で無臭。
離乳食を食べるようになるにつれ、大人尿の色や臭いになっていきます。

次のような尿が見られたら、動物病院へ。
  ・無色〜淡い黄色
  ・濃い黄色〜褐色
  ・黄褐色〜帯緑黄色、振ると泡立つ
  ・赤っぽい(赤、ピンク、ワイン色、褐色)
  ・黒っぽい(黒褐色)
  ・緑尿

 

 【尿の臭い】

猫尿は臭いのがふつうであり、特に雄猫の
マーキング尿はかなり強く臭います。

ミルクだけの赤ちゃん猫の尿は、ほとんど臭いません。
離乳食を食べるようになると、尿にも臭いがつきはじめます。

猫尿は臭いとはいえ、猫も人と同じ哺乳類。
尿臭の異常は、人間の鼻でもけっこうわかるものです。
尿臭がいつもと違うと感じられた場合は、すみやかに獣医さんにご相談ください。

異常尿臭の例
  ・薬品臭=投薬した、間違って薬品を飲み込んだ、など
  ・アンモニア臭=新鮮尿には実はアンモニアはごく少量しか含まれていず、
        健康な新鮮尿はアンモニア臭はしません。
        もし新鮮尿なのにアンモニア臭が強い場合は、
        尿路感染その他が考えられます。
  ・腐敗臭、特別な臭気=細菌感染、ケトン尿など。
  ・無臭=ミルクしか飲んでいない赤ちゃん猫を除き、
        大人猫の尿がまったく無臭というのも異常です。

 

 【 pH 】

猫尿のpHは通常6.2〜6.4くらいで、弱酸性。
正常範囲はpH5.0〜7.0です。

家庭におけるpHチェックについては、こちらのページをご覧ください。
 →家庭でも出来る猫尿のpH値チェック

 

 

 【 比重 】

猫尿の比重は通常1.015〜1.060くらい、
正常範囲は1.015〜1.060です。

(比重とは、尿と、何も含んでいない水との重量比のこと。
水を1としたときの尿の重量の割合であらわします。)

比重に関しては↓こんな商品もありますのでご参考までに。


【画像:池田理化shop楽天市場店】

アタゴ ポケット犬猫尿比重屈折計 PAL-犬猫尿比重

主に米国で用いられている犬用、猫用の尿比重目盛を搭載した犬猫用の尿比重屈折計。
1台で犬用と猫用の尿比重が測定できます。
プリズム面にサンプル (尿) を0.3ml滴下し、スタート・キーを押すだけで3秒後に尿比重をデジタル表示します。
わずか11センチのコンパクトサイズで、測定後は水で洗い流すことが出来る防水仕様です。

●価格:31,000円くらい

***************

製品名 PAL-犬猫尿比重 Cat.No. 4529
測定範囲 尿比重(犬)1.000〜1.060
尿比重(猫)1.000〜1.080
(自動温度補正)
温度 10.0〜35.0℃
分解能 尿比重 0.001
温度 0.1℃
測定精度 尿比重 ± 0.001
温度 ±1℃
使用環境温度 10〜35℃
サンプル量 0.3ml 温度補正範囲 10〜35℃
測定時間 約3秒 電 源 単4アルカリ電池 2本
寸法・重量 55(W)×31(D)×109(H)mm, 100g (本体のみ) 防水保護等級 JIS-C0920 5級防噴流形
IEC規格529 IP65

 ※メーカーサイト:株式会社アタゴ 臨床検査器

 

    
■この商品をオンライン・ショップで探す
・ 【池田理化shop楽天市場店】アタゴ ポケット犬猫尿比重屈折計 PAL-犬猫尿比重

■総合ショッピングモールで探す(検索結果へ直リンクしています)
楽天市場【犬猫尿比重屈折計】
Yahoo!Shopping【犬猫尿比重屈折計】
Amazon【犬猫尿比重屈折計】

 

 

*以上、参考文献 「学窓社 『獣医学臨床シリーズ17『尿検査』 ISBN:4873626161」 より
   (Amazon楽天市場

 

 

◆◆ 正常尿のスクリーニング検査所見 ◆◆ 

項目 猫の正常尿
色調 黄色
混濁度 透明
比重 1.015 - 1.050
pH 5.5 - 7.0
タンパク 陰性
ケトン 陰性
グルコース 陰性
ピリルビン 陰性
ウロピリノーゲン 0.1 - 1mg/dl
潜血 陰性
尿沈渣(HPF)
赤血球 0 - 7
白血球 0 - 7
円柱 ときに硝子様
上皮細胞 ときどき
脂肪滴 普通
細菌 陰性
結晶 普通

*中村孝/松田浩珍編 『小動物VT講座 犬と猫の泌尿生殖器疾患』 インターズー社 ISBN:4900573329 より
 (Amazon楽天市場

 

  

◆◆関連コンテンツ◆◆

   トイレ容器と周辺小物
   トイレ砂考            
   ニャンとも vs デオトイレ   
   猫砂の安全性について   
   砂の飛び散りを防ぐには? 
   家具調囲いを木工作  
   食糞犬対策付き家具調猫トイレ  
   自作・おまる型猫トイレ  
   自作・壁付きおまる型猫トイレ  
   猫砂のホコリ対策1:集塵ノズル  
   猫砂のホコリ対策2:サイクロン接続型  
   猫砂のホコリ対策3:空気清浄機をうまく使う 
   これは贅沢!専用トイレ部屋     
   粗相に困っています  
   粗相に困っています:体験者談   
   糞尿・マーキングの臭い対策  
   トイレ周辺の壁を汚してしまう子  
   お尻の弱い子に   
   野良さんを家に入れた場合    
   猫の尿量、および、猫の尿について
   猫の採尿のしかた 
   家庭でできる尿の簡易検査  
   トイレに関するアンケート結果  

猫砂レポート
猫トイレいろいろ
猫用システムトイレの比較と検証
猫砂堆肥で家庭菜園

下部尿路疾患(F.L.U.T.D.)から愛猫を守るために

 

初回送信日:2012.05.14
最終更新日:2012.05.16

ツイート

*猫さんを家族に迎えたい方!アナタを待っている猫さんがいます!>>> 猫の里親リンク集

「同居の工夫」目次へ戻る

猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

 

◆◆◆◆◆◆ 投稿お待ちしています! ◆◆◆◆◆◆

他にも「こんな方法があります」というアイディアをお持ちの方
ぜひ教えてくださいね!
どんなに些細な情報でも歓迎します。
掲示板または画像掲示板でお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 


猫 
♪猫がいるシアワセ♪

 

***