同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

目次 ページトップ

日曜大工で脱走防止

『公園育ち』を成猫でゲットしましたので脱走防止に力が入ります。色々、参考にしながら作製してみました。

玄関脱走防止策

100均ネットにカーテンレールを両側につけます。

玄関脱走防止策

カーテンレール付きネットを我家では2枚を作製。色々、試しましたがカーテンレール(ステン製)が強度もありネットがたわみません。

玄関脱走防止策

ドアのサイズに合わせてこのようにネットを止めるものを作製します(使わない時は外せるのがポイント!)。これはドアの下部に置くだけです。通りすがりは愛猫のたま♪

玄関脱走防止策

このようにセット♪

玄関脱走防止策

上は引っ掛ける金具をつけます。観音開きも試しましたが、がたつき愛猫(5キロ)の攻撃には不安があり、着脱式にしました。普段は片方のみ着脱でヒトが十分通行可!

玄関脱走防止策

そして大事なのは、愛猫がつかまっても内側にネットが倒れてこない事。その為に真ん中に棒をかけ、鍵のかわりにします。外側にはドアの枠&下部のおさえで倒れません。

玄関脱走防止策

こんな感じです。まだまだ、改良に挑戦中~

玄関脱走防止策

  • カーテンレールはダブル\1500×2=\3000
    (ダブルの方がお安いのでばらして1820センチ4本に)
  • ネット\200×6=\1200
  • 木やアルミチャンネル←下部に取り付けたものは、自宅にあったのでアルミでなくてもネットが動かなければ木製でOK
  • 結束バンド

ちなみに窓はネット&ツッパリ棒で防止です!

家人が在宅の時のみドアをババ~ン開けるので外出するヒトが「鍵の棒をかけて~」と叫びます(笑)」。さすがに愛猫に留守番は頼めませんので♪

昨年はよしずをドア代わりにしておりましたが、 結局、心配で見張っていました(笑

玄関脱走防止策ゲスト・たまちゃん

猫の玄関脱走防止策

玄関脱走防止ネットにスダレを貼り、虫(セミ)侵入禁止作戦です。でも、今年はエアコンばかりでこれからネット活躍です。

「たま」もお気に入り♪

copyright of this chapter ©2010 ゲゲゲ猫(tamapi) all rights reserved

目次 ページトップ

自力で日曜大工

『ガレージ新築して日曜大工に本腰入りました…

どっちもお手製です。いっこは玄関、いっこはガレージへの侵入防止。

猫脱走防止玄関

猫侵入防止ガレージ

材料は,近くの工務店で 「ご自由にお持ちください」とあった端材、ネットは100均です。

copyright of this chapter ©2006 すみれ all rights reserved

目次 ページトップ

猫返却口付きの内ドア

わが家でも脱走防止策を講じる必要性が出てまいりまして、早速「同居の工夫」を参考にさせていただき、玄関内ドアを作ってみました。

猫用ドア

高さが190㎝ありますので、これならうちの元気一杯のニャンズでも越えられないでしょう。

横桟がなくても2×2材という約40ミリ角の角材ですのでとても丈夫です。おまけに2×材(ツーバイ材と呼ばれる建築材料)は安い!

ちなみにコストは3000円弱ぐらいでした。

長さ1830ミリのこの角材が6本一束で1030円でした。これをちょうど二束使いました。

あと蝶番2個とキャスター2個、掛け金みたいな鍵1個、その他ちょこちょこで3000円弱でした。

中央の部分はになっています。

玄関から外に出ようとするとニャンズはボクもアタシも、と一緒に玄関まで来てしまいます。で、内ドアを閉めてから、この窓を開けて、こちら側に来てしまったニャンズを向こう側へ送り返すわけです。

猫用ドア

写真左が窓を開けた状態を玄関側から見たものです。 右の写真が閉めた状態で家側から見たものです。

扉の材料はホームセンターの端材売り場で買った厚さ3ミリの板です(30円!)。レールはプラスチックのモールみたいなもので、本来レールとして使うものではなさそうですが、3ミリの板がスッと入ったので利用しました(90cmで120円ぐらいでした)。

この窓の扉は上へスライドするようになっていて、丸い穴は上げた状態で固定するための掛け金が入るためと、引き上げる際の指を差し込むためのものです。

キャスターは何に使っているかというと、この内ドアは普通のドアのように蝶番だけで壁に取り付けられているのではなく、キャスターで床と接地しています。いうならば、キャスター付きのパーテションが蝶番で壁に取り付けられている状態です。ですから開け閉めの時にはキャスターのコロコロと いう音がします。シロウト細工ではとても宙に浮いた状態のドアは作れないと見越してキャスター付きにしました。

この内ドアを作ってからは出掛けるのが楽になりました。

copyright of this chapter ©2006 花水木 all rights reserved

目次 ページトップ

猫さんの柵乗り越え防止はどうしたら?

猫の脱走防止

これは福桃邸の内ドアーです。大工さんに頼んだプロ仕様なだけあって、美しい内ドアーですが、すばらしいのは形だけではありません。この上部を良くご覧下さい。なんとキャスター(滑車)が並んでいるのです! これなら脱走しようとニャンコが飛びついても登れませんね(笑)。 by 管理人

猫の脱走防止

 

よく見てくれました。扉の上はキャスター勢揃いです。

大工さんと意見が合わなかったのは、
「丈夫にするために、真ん中に横棒をいれたい」
「意味無いじゃん。登ってしまいます」・・・』

と、すばらしいアイディアに思えたのですが・・・
約半年後。

インドア失敗作になりました。

ある日帰ってきたら、福と桃がお出迎えしてくれました。なんだかとてもうれしかった。

でも でも あれ!!!!

得意げに、飛び越えてみせてくれました。猫様の勝利です。

試行錯誤の結果アクリル版をつけました。キャスターは無用のようです。

猫の脱走防止

飛び越えるのは、あきらめましたが、福麻呂は、お手手で「がたがた」して鍵が外れるのを狙っているようです。

*「アクリル板」を探す*

copyright of this chapter ©2003 福桃 all rights reserved

目次 ページトップ

鍵付きがおすすめ

猫脱走防止ドア

以前お話ししていた我が家の猫返し。やっと写真を撮りましたのでお送りいたします。

その1。玄関の内側に付けたドア。

猫脱走防止ドア

その2。

まさかと思っていたのに力業で開けてしまい、玄関側にでてしまう様になりました。このドアは玄関側からはにゃんこには開けられません。しばしば「座敷牢」と化し寒い玄関で反省する姿が見られる様になったため急きょ付けたカギです。

新しくドアを付ける方には最初からカギを付ける事をおすすめします。いやー、我が家の猫がでぶ過ぎると言う指摘もあるのですが・・・

copyright of this chapter ©2003 みやぼう all rights reserved

目次 ページトップ

軽いトリカルネットで

足立コガネ様は、長いつっぱり棒と、軽いトリカルネットと、カットオーダーした木材(ラワン材)で自作されました。キャスター付きで開閉自由、ロックもできます。釘打ちができない集合住宅に設置ができ、また、万が一、地震等で倒れても、軽いので猫や人が怪我をする危険が少ない、という利点が光る逸品です。

猫脱走防止扉

木材は東急ハンズでオーダーカット。そうです、前もってきちんと設計・測量しておくことが肝心にゃのです。

猫脱走防止扉

木材をチェックしているのはキューちゃん

トリカルネット、農家や園芸家にはおなじみの素材ですね。軽くて丈夫で、カットも簡単です。

猫脱走防止

詳細は、足立コガネ様のブログ↓をご覧ください。作り方・写真・価格等、詳しく書いてあります。気になる「蝶番には何を使ったか?」ということも(笑)。

賃貸ネコ暮らし ⇒ 【猫の室内飼いの工夫】玄関からの脱走防止扉(開閉式)DIY

*「トリカルネット」を探す*

copyright of this chapter text:©2014 nekohon photo:©2014 足立コガネ all rights reserved

目次 ページトップ

電線管を使って、かえしもついた柵

先月初めに家の前の公園&溝で鳴いていた姉妹子猫を保護しました。今では3倍に増体し、ドタバタ走り回っています。

借家ですので、大家さんにお願いして猫を飼えることになり、万全の対策をしてからもらい受けるつもりでいましたが、猫の方からやってきました。日々高まる運動能力と大胆さにあせってます。

猫の脱走防止柵

父が玄関に脱走防止柵をつけてくれました。かえしもついた労作です!

かえしを含めて白い管は、電線管というものです。

猫の脱走防止柵

管は、穴を開けた2枚の木を合わせて固定しています。キャスターがついていますが、埋め込んで下の隙間が空かないようになっています。

猫の脱走防止柵

しかし、知らない人が見たら、どんな猛獣飼ってんだと思うでしょうね。ある意味猛獣ですが・・・

これが、猛獣たち。奥がみぞれ、手前がくるみです。

猫達

*「電線管」を探す*

copyright of this chapter ©2014 よっちっち all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー