同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

猫に危険な植物:毒!食べさせないで!

猫に有害な植物は700種も
有害植物・有毒植物のうち、代表的なものを集めました。
これ以外にも有害・有毒な植物は多く存在するようです。もし愛猫が何らかの症状を見せた場合、できれば直前に食べた(かもしれない)植物も一緒に獣医師に見せてください。診断の決め手になるかもしれません。

*植物名*

有害な植物を含む科名

*これらの科にふくまれるすべての種が有害というわけではありません。

  1. あ行
  2. か行
  3. さ行
  4. た行
  5. な行
  6. は行
  7. ま行
  8. や行
  9. ら行、わ行
  10. 参考文献
  11. 同じカテゴリー
  12. 関連コンテンツ

目次 ページトップ

あ行

アカネ科

  • 種名:キナ、など
  • 症状:精神障害、溶血作用、など。
  • 成分:キニーネ quinine、など

アジサイ科

  • 種名:アジサイ、など
  • 症状:嘔吐、沈鬱、元気消失、呼吸困難、チック症状、けいれん、など。死亡する場合もあるので、食べたと分かったら直ちに動物病院へ。
  • 成分:

アヤメ科

  • 種名:アイリス、アヤメ、サフラン、など
  • 症状:吐き気、嘔吐、腹部の痛み、胃腸炎、下痢など。
  • 成分:イリジェニン irigenin、イリジン iridin、など

アロエ科

  • 種名:アロエ、など
  • 症状:下痢、など。
  • 成分:バルバロイン barbaloin、など

イチイ科

  • 種名:イチイ(オンコ、アララギ)、など
  • 症状:筋力低下、虚脱、悪心、嘔吐、腹痛、散瞳、多量摂取すると呼吸困難、振戦、不整脈、拡張期の心臓ブロック、突然死
  • 成分:タキシン taxine、タキソール taxol、など

イチヤクソウ科

  • 種名:イチヤクソウ、など
  • 症状:血圧低下、など。
  • 成分:

イラクサ科

  • 種名:イラクサ(イタイイタイクサ、イライラクサ)、など
  • 症状:皮膚接触の場合は痛み、カブレ、炎症。経口摂取の場合は口腔の灼熱感、流涎、嘔吐、筋力低下、呼吸困難、振戦、徐脈、など。
  • 成分:アセチルコリン acetylcholine、ヒスタミン histamine、セロトニン serotonin、など

ウコギ科

  • 種名:セイヨウキヅタ、ヘデラ(アイビー)、ヤツデ、など
  • 症状:嘔吐、腹部の痛み、下痢、流涎、皮膚炎、水疱、など。
  • 成分:ヘデリン hederin、ファルカリノール falkarinol、など

ウラボシ科

  • 種名:わらび、など
  • 症状:貧血、安静衰弱、運動失調、不整脈、血尿、など。に至ることも。
  • 成分:

ウルシ科

  • 種名:ウルシ、ハゼノキ、など
  • 症状:皮膚のかぶれ、など。
  • 成分:ウルシオール urushiol、など

エゴノキ科

  • 種名:エゴノキ(ロクロギ、チシャノキ)、など
  • 症状:口腔と喉の刺激、胃のただれ、溶血作用、など。
  • 成分:エゴサポニン jegosaponin 、など

オシロイバナ科

  • 種名:オシロイバナ、など
  • 症状:嘔吐、下痢、腹痛、幻覚作用(種子)、皮膚刺激、など。
  • 成分:トリゴネリン trigonelline、など

オトギリソウ科

  • 種名:オトギリソウ、など
  • 症状:色素毒、皮膚炎、壊死、など。
  • 成分:ピペリシン hypericin、など

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

か行

カタバミ科

  • 種名:カタバミ、など
  • 症状:大量のシュウ酸を接種した場合、よだれ、胃腸炎、下痢、ふるえや痙攣、体温低下、腎炎、など
  • 成分:水溶性シュウ酸塩 oxalic acid、など

キキョウ科

  • 種名:キキョウ、ミゾカクシ、ロベリア、など
  • 症状:よだれ、嘔吐、下痢、溶血、視力障害、ふるえ、徐脈、呼吸困難、虚脱、意識障害、心臓麻痺、など。最悪に至ることも。
  • 成分:

キク科

  • 種名:フジバカマ、など
  • 症状:クマリン中毒(血液凝固不全、出血)、など。
  • 成分:、など

キョウチクトウ科

  • 種名:キョウチクトウ(タイミンクワ、タウチク)、セイヨウキョウチクトウ、ツフニチニチソウ(ツルギキョウ、ビンカマジョール)、など
  • 症状:皮膚のかぶれ、口腔の頭痛、嘔吐、下痢、腹痛、ときに心臓麻痺、など。ヒトでさえ死亡報告が多々あるほど毒性が強く要注意。
  • 成分:オレアンドリンoleandrin、アディネリンadynerin、など

キンポウゲ科

  • 種名:アネモネ、ウマノアシガタ、オキナグサ、オダマキ、キツネノボタン(ウサギゴロシ)、クリスマスローズ(ヘレボラス)、ケキツネノボタン、トリカブト(ブス、ブシ、カブトギク、カブトバナ、ハナトリカブト)、ハンショウヅル、ヒエンソウ(チドリソウ、デルフィニウム)、フクジュソウ(ガンジツソウ)、など
  • 症状:流涎、口腔の灼熱缶、嘔吐、下痢、運動失調、不整脈、けいれん、など。に至ることも。
  • 成分:アネモニン nemonin、アコニチン aconitine、ヘレブリン hellebrin、など

クスノキ科

  • 種名:アボカド、ゲッケイジュ、など
  • 症状:呼吸困難、痙攣、など。
  • 成分:ペルシン persin、など

クマツヅラ科

  • 種名:ランタナ、など
  • 症状:嘔吐、下痢、腹痛、虚脱、嗜眠、黄疸、肝障害、瞳孔散大、光線過敏症、など。
  • 成分:トリテルペン triterpenoid のランタデンA,B,C lantadeneA,B,C、など。

クワ科

  • 種名:アサ(タイマ)、イチヂク、など
  • 症状:運動失調、幻覚、麻痺、沈鬱と興奮、嘔吐、皮膚のシミ、粘膜のびらん、など。
  • 成分:テトラヒドロカンナビノール THC、など

ケシ科

  • 種名:クサノオウ(タムシグサ、ニガクサ、ハックツサイ)、ケシ、ケマンソウ(フタボシ、タイツリソウ、ヨウラクボタン)、タケニグサ、ヒナゲシ、など
  • 症状:嘔吐、胃腸炎、体温や脈拍の低下、幻覚、呼吸困難、など。に至ることもある。
  • 成分:モルヒネ morphine、コデイン codeine、パパベリン papaverine、など

コカノキ科

  • 種名:コカ、など
  • 症状:麻酔作用、局所麻酔作用、など。
  • 成分:コカイン cocaine、など

ゴマノハグサ科

  • 種名:キツネノテブクロ(ジキタリス)、など
  • 症状:不整脈、吐き気、腹部の痛み、下痢、腹痛、けいれん、など。 異常な興奮の後、昏睡に陥り、死ぬことも。
  • 成分:ジギトキシン digitoxin、ジギタリン digitalin、など

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved


*植物名*

目次 ページトップ

参考文献

上記はいずれも下記文献を参考にしました。

管理人は獣医師でも学者でもないため、症状等についてはすべて本からの受け売りです。自分で実験したわけではありません。

もっと知りたい方はどうぞ本をご入手ください。本には対処法も書いてあります。ネットは便利ですが、やはり信頼できるのは書物だと思います。

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー