同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

猫に危険な植物:毒!食べさせないで!

猫に有害な植物は700種も
有害植物・有毒植物のうち、代表的なものを集めました。
これ以外にも有害・有毒な植物は多く存在するようです。もし愛猫が何らかの症状を見せた場合、できれば直前に食べた(かもしれない)植物も一緒に獣医師に見せてください。診断の決め手になるかもしれません。

*植物名*

植物の種名:ま行

  1. 参考文献
  2. 同じカテゴリー
  3. 関連コンテンツ

目次 ページトップ

「ま」から始まる植物種

マグノリア(モクレン、シモクレン、ハネズ)

  • 科名:モクレン科
  • 症状:筋肉の弛緩、麻痺。
  • 成分:

マサキ

  • 科名:ニシキギ科
  • 症状:吐き気、嘔吐、腹部の痛み、下痢、神経症状
  • 成分:

マムシグサ

  • 科名:サトイモk亜
  • 症状:口内炎、舌炎、よだれ、皮膚炎など。原因は葉に含まれるシュウ酸カルシウムの針状結晶と蛋白成分(未確認)と思われる。
  • 成分:

マンダラケ(チョウセンアサガオ、キチガイナス、エンゼルトランペット)

  • 科名:ナス科
  • 症状:のどの乾き、粘膜の乾燥、瞳孔の拡大、心臓の鼓動の異常、痙攣、 嘔吐、腹部の痛み、血便、下痢、めまい、呼吸困難などをひきおこすし、死ぬことも。チョウセンアサガオは全草が猛毒となるので注意。
  • 成分:ヒヨスチアミン hyoscyamine、スコポラミン scopolamine、アトロピン atropine

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

「み」から始まる植物種

ミシマシキミ(タチバナモッコク)

  • 科名:ミカン科
  • 症状:嘔吐、手足のけいれん、麻痺。
  • 成分:

ミゾカクシ

  • 科名:キキョウ科
  • 症状:食べて数分後~数時間後に脈が速くなる、よだれ、ふるえ、ひきつり、ふらつきなど。その後、呼吸困難、虚脱、意識障害、心臓麻痺など。に至ることもある。
  • 成分:

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

「む」から始まる植物種

ムラサキウマゴヤシ(アルファルファ、ルーサン)

  • 科名:マメ科
  • 症状:食べた直後に嘔吐、腹痛、下痢など。フィトヘマグルチニンは十分に加熱すれば無害化するが、アルファルファは生のままサラダ等で食べられることが多いため、猫が猫草と間違えて食べないよう注意が必要。
  • 成分:フィトヘマグルチニン phytohemagglutinin(植物レクチン)

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

「め」から始まる植物種

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

「も」から始まる植物種

モクレン(マグノリア、シモクレン、ハネズ)

  • 科名:モクレン科
  • 症状:筋肉の弛緩、麻痺。
  • 成分:

モモ

  • 科名:バラ科
  • 症状:種に注意。呼吸困難、虚脱など。チック症状やけいれんなど。最悪死亡する場合もあるので、種を飲み込んだ場合は動物病院へ。アミグダリンが消化管の中で加水分解されると青酸を遊離するため。
  • 成分:アミグダリン amygdalin

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved


*植物名*

目次 ページトップ

参考文献

上記はいずれも下記文献を参考にしました。

管理人は獣医師でも学者でもないため、症状等についてはすべて本からの受け売りです。自分で実験したわけではありません。

もっと知りたい方はどうぞ本をご入手ください。本には対処法も書いてあります。ネットは便利ですが、やはり信頼できるのは書物だと思います。

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー