同居の工夫:猫と暮らす知恵

猫の里親募集掲示板バナー
犬の元飼い主/里親募集バナー

バーベキュー網で簡単猫ケージ

  1. バーベキュー網で赤ちゃん猫でも脱走できない猫ケージ
  2. 同じカテゴリー
  3. 関連コンテンツ

目次 ページトップ

バーベキュー網で赤ちゃん猫でも脱走できない猫ケージ

90cm x 60cm のバーベキュー網で猫ケージ

子猫を保護したとき、当地のような田舎には適切な猫ケージを売っていませんでした。犬ケージはあったのですけれど、バーの間隔が広くて、小さな子猫だと、すり抜けてしまいそう。

しかし、すでに家に子猫が待っている(暴れている?)状態ですから、注文して悠長に待っている余裕もありません。

その時、目に付いたのが、90cm x 60cm のバーベキュー網。目が細かいからどんな小さな子猫でも脱走できないし、外から他の猫が手を入れることもできない。丈夫でしっかりしているし、1枚980円と、値段もそれほど高くない。また表側はスムーズで、尖ったところもなく、これなら怪我の心配もなさそうだ。

というわけで、店頭にあっただけのバーベキュー網を買って帰り、臨時の猫ケージに組み立てました。

使用したのは、

  • バーベキュー網 90cm x 60cm x 6枚
  • 布のひも(登山靴用の長くて太めの靴ひもを再利用) 80cm x 2本
  • 細い麻ひも と それを切るためのハサミ
  • ナスカン

組み立て方

麻ひもで縛って組み立てただけです。

バーベキュー網を色々組み合わせることで、ケージの大きさは自由に変えられます。

↓ これは 90cm x 60cm x 高さ60cmの大きさ。

猫のために自作 DIY

↓これは 90cm x 90cm x 高さ60cmの大きさ。上部は網が一部重なります。

猫のために自作 DIY

もちろん、網の数を増やせば、もっと大きなケージも可能。

ところで、90cm x 60cm のバーベキュー網を使ったばあい、子猫なら、無理に底にも網を張る必要はありません。側面+上部の網の重さだけで十分重いし安定感もあります。底に網を使わなければ、それだけ安く作れます。

開閉の仕組みは、ちょうつがいのかわりに数カ所、ひもで縛るだけ。ややゆるめに縛れば、ちょうつがいの役目としては十分です。鍵の代わりにはナスカンを取り付けます。

猫のために自作 DIY

ナスカンを3コも使って留めているのは、うちの場合、複数の大人猫たちが上に飛び乗る可能性があるからです。その重みに耐えられるよう、念のために3カ所で留めています。

猫のために自作 DIY

ナスカンで、太い縁同士を留めれば、しっかりロックされます。

組立てたところ

猫のために自作 DIY

90cm x 60cm の広さがあれば、子猫用ベッドと子猫用トイレを置いてまだスペースがあります。幼い子猫なら十分な広さです。大きな大人猫↑には、ちょっと狭いかな。

猫のために自作 DIY

床が網網では肉球が痛いだろうから、段ボールを大きさに合わせて切り、床に敷きました。つなぎ目は布ガムテープを貼りました。段ボール床なら適度なクッションだし、汚れても簡単に取り替えられます。

写真では、ケージの下にも、ケージより一回り大きい段ボールを敷いてあります。畳の保護と汚れ防止のためです。

猫のために自作 DIY

で、80cmくらいのひも2本を何に使ったかというと、これです。見えますでしょうか。万が一でもフタがケージの中に落ち込むのを防ぐのが目的です。

↓で、下が90cm x 90cm x 高さ60cmで組み立てた例。中に小さな子猫、外に3キロ台の大人猫がいます。このときは麻ひもではなく、余っていた赤いリボンでケージを結わえたので、目立っています(汗)。

猫のために自作 DIY

copyright of this chapter ©2002- nekohon all rights reserved

*「猫 ケージ」を探す*

目次 ページトップ

目次 ページトップ

目次 ページトップ

 


[ PR ]

バナー