猫とネコとふたつの本棚猫砂比較レポート個別レポート=ブリーダーセレクト

       
 

猫砂レポート

うちの猫達が実際に使ってみました。
試した猫砂160砂以上、さらに追加中!
 
       
 まずコチラ! あなたを待ちこがれているがいます♪        
ブリーダーセレクト 猫砂レポートNo.124

 ブリーダーセレクト 

材質:紙系
日本輸入総代理店=有限会社 Bi!ペットランド
製造元=FibreCycle Pty Ltd. Austrarlia

 原材料 : 再生新聞紙
 容量・サイズ : 6リットル (ほかに15リットル・35リットル)
 可燃ゴミ/不燃ゴミ : 燃えるゴミOK     
 トイレに流せるか :流せます  
 土に戻るか : 戻ります  
 重量 : 非常に軽い=女性が4袋を同時に持ち上げて家中移動できる (約1.9kg)

 商品説明 (パッケージ記載内容) 

ブリーダーセレクト breederCelect

自然への回帰を求めるとき、現在は人間の知恵で作られた紙砂ばかりの時代ですね・・・こんな懐かしい、自然に限りなく戻った、無難な、そして素朴な紙砂を思い出していただきたいと思い、安全性の高い紙砂を作らせていただきました。原料は新聞再生紙のみで、160℃以上での煮沸衛生処理を行い、高圧押し出しの後感想させたもので、表面の植物油脂製インクはペットが誤って口に入れても害はなく、少ない量でも高い吸収力で、消臭効果にも優れており、ホコリもたたず清潔です。表面が吸い取り紙のように柔らかいので、砕けたりペットや床等を傷つけたりしません。お取り扱いも簡単で、どんな猫・小動物にも適しています。

*この商品はオーストラリアでは牛等家畜への飼料の一部として使用されてもいます。(繊維質の補強として)

 砂の色や砂粒の大きさ 

グレーの、細長い円筒形の粒です。
長さはまちまちで、長いものも力を加えるとすぐに折れます。

ブリーダーセレクト

↑一緒に写っているのは十円玉です。

 固まり具合 

 固まらないタイプです。

30ccの水を吸わせてみました。

ブリーダーセレクト

日本製の一般的な紙砂より、吸収力は若干劣るような気がします。日本製の砂は水をかければスイッと吸収しますが、この砂はじわりと吸収します。
水分が多すぎる場合、日本の紙砂はドロリとしたゼリー状になるものが多いですが、この砂は砂粒は砂粒のまま固形状で、済んだ水が容器の底に残ります。
ですので、すのこトイレでも目がつまることはなさそうです。

実際に使った感想。

最初の、あたらしいうちは、吸収力に不満はありませんでした。
濡れると色が濃くなるので、濃い粒だけをひろって捨てればよいのですが、私は大雑把な為か、いちいち拾うのが面倒で、けっこう取りこぼしが出てしまい、それと梅雨時という湿気の多い空気もあり、最後の方はトイレ底に未吸収の水分が若干感じられることがある場合がありました。
そのときでも、砂粒はべたついたりゼリー化したりはせず、さらっとしたままだったので、掃除はトイレットペーパーなどで濡れた底をちょいちょいと拭くだけできれいに拭き取れ、楽ではありました。
水分を拭き取った後、また砂を容器にもどすようなケチったことをしたりせず、さっさと捨ててしまえば、その後アンモニア臭がでることなぞ無かったかもしれません。

よくかき混ぜる子の場合、濡れた粒だけを拾って捨てるのは困難だと思います。
しかし1トイレ1ニャンの使用頻度程度なら、取りこぼしがあってもニオウまではけっこう日数がありそうです。

 尿の量や回数がわかりやすいか 

わかりにくいかも。
ちゃんと埋める子の場合、濡れた粒とかわいた粒がまざりあってしまい、「使ったな」ということ以外は、ほとんどわからない場合があります。

 砂のにおいや脱臭力 

◇ 砂自体のにおい
新聞のインキのにおいみたいな、または、熱で溶けたロウ(ワックス)みたいな。猫砂としてはちょっと独特なにおいです。強くはありませんが。

◇ 脱臭力
最初は全然尿臭はしませんでした。
むしろ、インキみたいなロウみたいな砂のにおいの方が強く感じられました。 

しばらく使ったのちに、急にアンモニア臭がしはじめました。
それほど強くはないのですが。
砂の吸収・消臭力を越えてしまったのでしょうか?
固まらないタイプなので、取りこぼしもけっこう出ただろうと思います。
また、梅雨時という、1年でもっともニオう時期であったこともあるかもしれません。
本来はにおいはじめる前に全取り替えすべきだったんでしょうね。

大の方は、埋めてあれば臭いませんでした。
しかしアンモニア臭が感じられるようになってからは、大の方にはほとんど使われず、実際に使われたらどうニオうかまでよくわかりませんでした。

 ホコリ・飛び散り・猫足のもぐりぐあい 

◇ ホコリ
でません。

◇ 飛び散り
少ないです。見た目もっと飛び散りそうなのに、なぜかほとんど飛び散りませんでした。かといって猫さんがウンPを埋めないわけではないのですが。

◇ 猫足のもぐり具合
あまりもぐらないような。

 尿の色(血尿)がわかりやすいか 

赤い絵の具を水で薄めて、スポイトで砂に垂らしてみました。

ブリーダーセレクト
↑濃い赤水。
染み込んだ水が赤いというより、赤い絵の具が吸収されずに砂粒の表面に残っている感じです。


↑薄い赤水。ほんのりピンク色がついている程度の薄い水です。
こりゃ吸収されたら分からないんじゃないかなあ。吸収されずに表面に残っていれば、あるいは分かる場合もあるかも知れませんが。

ブリーダーセレクト
↑1=水、2=薄い赤水、3=濃い赤水。
1と2の区別は肉眼でも全然わかりません。

ただ、吸収され切れずに下に落ちた水に、変な色はつきません。もし尿の色がおかしくて、かつ、吸収され切れずにトイレ底に残っていれば、その色はわかるかもしれません。

 猫砂のpH度 

猫砂がヒタヒタに浸かるくらいに水を入れて猫砂水溶液を作り、pH試験紙を浸してみました。

真ん中部分の矢印のところが、検査のための変色域です。
上下の色見本と見比べて、pH度を調べるようになっています。
酸性なら黄色っぽく、アルカリ性なら青紫に変色します。

ブリーダーセレクト

弱酸性ですね。

 

*使用したpH試験紙についての説明や購入先は、ページ下↓をご覧下さい。

 猫たちの評判 

普通に使っていましたが、最終日あたりの、少し臭うようになると、使わないというほどではありませんが、使用頻度は落ちました。特に大の方。 

 その他 

処理法として、「庭に捨てる」も可となっていますが、これ新聞紙ですよね。
トイレットペーパーのようにいずれ水(雨)に溶けるということでしょうか。
日本の狭い庭に捨てたらどうなるんだろ?
その辺の説明が書いていないのでイマイチ不安が残ります。

そ、それに、「家畜の飼料」って・・・!!(-_-)
新聞紙でしょ???

 

 テスト期間
  2009年7月13日朝〜7月20日朝 (7日間) 
 1ニャン1リットルあたり/日
  2.0日   (1袋1ニャンあたり 12.25日)
 全取り換えのタイミング
  少しアンモニア臭が感じられるようになったことと、吸水力の衰えを感じたので。  
 テスト時のネット価格帯
  税込 787〜1050円(6リットル)  (調査日:2009.7.14.)  
  *今現在の価格チェックや購入なら↓ 
  →【楽天市場】・ブリーダーセレクト  
  →【Yahoo!ショッピング】・ ブリーダーセレクト  
 1リットル当たりの価格帯
  税込 131〜175円 (調査日:2009.7.14.)  

 

猫貌アイコン 猫砂をネット通販で購入するなら 猫貌アイコン
  【お奨めペットショップ】
ペット用品のペピイ
ペットゴー(株)のブランドショップ【ペットビジョン】
アイリスプラザ>猫の生活用品>猫砂

【大型ショッピングモール】
Amazon.co.jp >ペット用品>猫
楽天市場 > 猫砂
Yahoo!Shopping > 猫砂

 

【サイト内検索】

 

***

◆ 皆様のレビュー ◆

この砂についてのご感想など、ぜひお寄せ下さい。
お名前は匿名でもOKですが、猫砂の銘柄名(レポートNo、または、ページURLでも可)は忘れずにご記入くださいね。
猫砂レビュー用フォームはこちら

***

里親募集バナー

 

猫砂レポート トップに戻る

 

 


◆◆猫の尿について◆◆

以下、健康な成猫の場合です。
猫の年齢、食事内容や飲む水の量、季節、環境、その他により変化しますので
あくまで目安としてお考えください。
少しでも異常が認められた場合は獣医さんにご相談ください。

 【 尿量 】
1日の尿量は、体重1kgにつき、22〜30mlが正常範囲です。
正常量の2倍以上を多尿、1/2以下を乏尿、1/5以下を無尿と考えます。
なお、多尿と頻尿を混同しない注意が必要です。

猫の体重 1日の尿量の目安
2.0kg 44 - 60ml
2.5kg 55 - 75ml
3.0kg 66 - 90ml
3.5kg 77 - 105ml
4.0kg 88 - 120ml
4.5kg 99 - 135ml
5.0kg. 110 - 150ml
5.5kg 121 - 165ml
6.0kg 132 - 180ml
6.5kg 143 - 195ml
7.0kg 154 - 210ml

 【 排泄回数 】
排尿は、平均1日2〜3回。
排便は、平均1日1回。

 【 尿の色など 】
健康な猫尿の色は黄色〜琥珀色で、混濁は無く、透明です。

 【 pH 】
猫尿のpHは通常6.2〜6.4くらいで、弱酸性。
正常範囲はpH5.0〜7.0です。

 【 比重 】
猫尿の比重は通常1.015〜1.060くらい、
正常範囲は1.015〜1.060です。
(比重とは、尿と、何も含んでいない水との重量比のこと。
水を1としたときの尿の重量の割合であらわします。)

*参考文献:学窓社 獣医学臨床シリーズ17『尿検査』 ISBN:4873626161

 

◆◆猫砂テスト方法◆◆

うちの愛猫数は、サイト開設時はニャンでしたが、、
2008年6月25日に愛猫おつうが亡くなり、7ニャンに。
トイレは4個です。
テストには、
2つの猫トイレを使用し、それぞれに猫砂1袋ずつ投入する
という形で行っています。

(4個のトイレのうち2個だけをテストに使うのは、もし猫がテスト砂を気に入らなかった場合、
トイレができない猫やトイレ以外でしてしまう猫がでてくるかもしれないと危惧してのことです。) 

 

◆◆各項目の説明◆◆

■ 重量(5段階評価) ■

商品重量としては、2kgくらいまで・3kgくらいまで・4kgくらいまで・5kgくらいまで・5kg以上、
での区分を目安としていますが、これはあくまで目安です。
というのも、たとえば、重量1kgのとても軽い砂でも、もし外装が巨大なら一度に1〜2個しか運べませんよね。
そのため、 Net重量のほか、外装や大きさ、持ちやすさ、重ねやすさなども勘案した上で、
以下の5段階に評価することにしました。

非常に軽い=女性が4袋を同時に持ち上げて家中移動できる
軽い=女性が3袋を同時に持ち上げて家中移動できる
普通=女性が2袋を同時に持ち上げて家中移動できる
重い=女性が2袋を同時に持ち上げることは可能だが長距離移動や階段はつらい
非常に重い=平均的な女性なら一度に1袋ずつしか運べないだろう 

■ テスト期間 ■

2トイレで2袋使い切るまでのおおよその日数です(時間まで厳密には計算していません)。
この日数はあくまで目安とお考え下さい。
猫さんの排泄回数や体調、砂掘りの癖(砂を大量にトイレ外に放り出してしまう子とか)、
掃除する人の性格(固まりだけを丁寧にすくいとる人、周辺一帯を大雑把にすくい取る人、など)
さらに季節や湿度などによって、期間は変わってくると思います。

ちなみに、私はわりと大雑把に掃除します。
トイレ掃除は汚れに気がつくたびに、日に何回も行います。

1ニャン換算については、8ニャンの時は1トイレにつき2ニャン
7ニャンになってからは1トイレにつき1.75ニャンと見なし 、
それに実際にかかった日数を掛けて計算しています。 

■ 猫砂のpH度 ■

使っているpH試験紙は、ドイツ製で、pH4〜pH9まで測れるタイプです。
試験紙の中央部分(変色域)に、溶液を浸してpH度を調べます。
中性(pH7)では、黄色がかかった緑色です。
酸性度が強くなるほど、黄色が濃くなります。
アルカリ性度が強くなるほど、青紫色が濃くなります。

pH試験紙

テストの仕方は、白い陶器のお皿に猫砂を入れ、
ヒタヒタになるくらいに水を注いで猫砂水溶液を作り、
そこに試験紙を浸して測定しました。
この方法で砂粒の正確なpH数値を測定できるかわかりませんが
おおよその傾向(酸性か、アルカリ性か)がわかれば十分と考え、
レポート内でも、pH数値は言わず、単に
酸性か、アルカリ性かを言及するに留めることにします。

【注】ph度測定は101砂目から新たに項目を設けました。
それ以前のレポートにはこの項目はありませんでした。
順次追加していますが、個人サイトゆえ、なかなか進みません(汗)。
ご了承下さい。

pH試験紙について、および、購入先はこちらをご覧下さい。
下部尿路疾患(F.L.U.T.D.) の中の pH試験紙のページ

 

猫砂レポート トップに戻る


 

 

 

***