猫とネコとふたつの本棚猫雑誌>「NEKO] 
書評ページタイトルイメージ
猫の里親バナー
猫の里親バナー


「 NEKO 」

ネコ・パブリッシング
月刊(毎月1日発行)
690円   A4変

 

 

【推薦:管理人】

「猫手」「CATS」より一回り大きい製本、中は写真が多いのだが、ページサイズそのものが他の月刊誌2誌より大きい分、「NEKO」の写真1枚1枚も大きくなり、猫の魅力が増しているように思える・・・とは私の感想。

ただ、記事内容としては、深くつっこんだ記事は少なめのような気がする。
ごたごたと説教したり難しい生物学云々を書いたりしたら読者が減ると言うことなのだろうか?
そんなことは無いとおもうけれど。
出版社名からして「ネコ・パブリッシング」なのだから、もっと深くえぐるような記事を期待していただけに、ちょっと物足りない感じがする。

いえ、猫誌としては、多分これで十分なんです。
堅苦しい記事はごめん、猫写真をみたいだけの人も多いでしょう。

ただ、このままでは、ある程度以上の猫知識や問題意識を持った人をどこまで満足させられるか?
申し訳ないが、私は時々購入するものの、定期購読しようとまでは思わない。
ド素人から専門家まで満足させる雑誌作りは難しいだろうけれど、そこはなんたって「ネコ・パブリッシング」なのだから、その名に恥じないように、もう少し頑張ってください。
具体例をあげますと、総合科学雑誌ですが「Newton」など良い雑誌だと思います。小学生も高学年なら読める一方で、専門家も楽しめる。

ところで、2004年8月号で‘猫とネコとふたつの本棚’をご紹介頂きました。
ありがとうございました。
貴誌のさらなる発展を祈って、上記のような少々辛口のコメントを書かせて頂きました。

(2005.1.5)

 

 

猫雑誌
「ね」から始まる書名

猫
(本とは関係ありません。けど・・・こんないたいけな子猫が
毎年全国で捨てられているという事実とかを、もっと伝えてほしいな )

 

猫バナー

Google
Web このサイト内

索引
旧ジャンル別


猫本(旧)
小説(日本)
小説(海外)
推理小説(日本)
推理小説(海外)
随筆(日本)
随筆(海外)
古典・伝承文学
詩歌・短歌・川柳
大人の絵本(日本)
大人の絵本(海外)
ネコを知る(日本)
ネコを知る(海外)
獣医学
獣医論・エッセイ
動物愛護・保護
人畜共通感染症
飼育書
法律
写真集
絵画集・版画集
児童文学・童話
絵本・幼児本
図鑑
マンガ
猫雑誌
その他

猫番外編
小説
エッセイなど
その他の猫本

野生のネコ科
小説
エッセイ・ルポ等
ネコ科を知る
図鑑
その他

猫以外の動物の本
猫/動物映画
一般の本
猫の名前一覧表


猫短歌・猫俳句・猫川柳
投稿猫画像・マンガ
猫砂レポート
同居の工夫
猫事典!
キャットタワー


里親募集掲示板


インターネット書店街

*** ***


猫
猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

☆☆☆