猫とネコとふたつの本棚ネコを知る(日本)>平岩米吉「猫の歴史と奇話」 
書評ページタイトルイメージ
猫の里親バナー
猫の里親バナー


「猫の歴史と奇話」 
平岩米吉
 (ひらいわ よねきち)

築地書館  
1985年  NDC:489.53  243p
ISBN: 4806723398

 

【推薦:管理人】

平岩米吉氏といえば言わずと知れたイヌ研究の大権威。

その氏の猫本だが、すごいというべきか、流石というべきか。
学者でなければ書けない本。

とにかく、とんでもない数の資料だ。夏目漱石でさえ“古典”と称して敬遠する向きのある今日、古文漢文自在に下して、これだけの文献を網羅出来るだけの実力のある人が、果たして今後出るかどうか。

内容は、題名の通り、猫の歴史および猫にまつわる奇話・伝承・言い伝えなどが、大部分を占める。
日本に初めて猫が渡ってきた頃の話から、猫又伝説、絵画に見られる日本猫の体型の推移、離島の山猫、遠路はるばる帰ってきた猫の話、その他、多岐に渡っている。
よくもまあこれだけの情報を集めたものだと感心してしまう。特に、日本における猫史や猫伝説史を、この本以上に詳細に調べたものは他に無いのではないだろうか。

猫と暮らしている身として一番嬉しかったのは、長寿猫の項だろうか。
最高齢が“よも子”の36歳半。
昭和10年から46年まで生きたそうだが、その時代に残飯=ねこまんまだけでそんなに生きられるのならば、今ならもっと長生きしてくれるかも知れない、と、思わず愛猫の頭を撫でてしまう。

ネズミが猫のオッパイを飲む話も良い。
白黒のぼやけた写真だけれども、子猫達に混ざって、ネズミが猫のお乳にぶら下がっている写真は最高だ。(この写真は有名で、他の本、たとえば「ねこ」木村喜久弥著、にも載っていたが。)

洋猫の流入と、それにともなう古来日本猫の雑種化を危惧し、日本猫の体型や特色などのスタンダードを提唱したのもこの方。
未だに「日本猫」という「品種」は認知されていないが、ぜひ生粋の日本猫は残したいものである。
ジャパニーズ・ボブテールなどは、日本猫の一家系にすぎない。

文献収集だけではない。 実践面でも充実している。
“子猫の成長表”は、これほど多くのネコ飼育本が出版されているにもかかわらず、平岩氏の表に勝るものはまず見られない。
目も開いていない子猫を人工哺乳で育てたとき、この表がとても頼りになった。
その他、骨格や歯式など、軟派な本には載っていない記載も多い。

書かれた年代の割には、文体は高尚だが堅く、表現なども少し古く感じられる。著者の年齢によるものか。

猫初心者が真っ先に読むべき本、ではないかもしれないが、猫好きを名乗るのであれば、いずれは読んでおきたい本だろう。まして猫について少しでも研究したい人なら、必読の書である。

(2002.4.10)
★面白さ4:内容の密度5:お勧め度5

【楽天ブックス】→猫の歴史と奇話
【紀伊國屋書店】→猫の歴史と奇話

ネコを知る(日本)
「ひ」から始まる著者
「ね」から始まる書名

 

猫バナー

Google
Web このサイト内

索引
旧ジャンル別


猫本(旧)
小説(日本)
小説(海外)
推理小説(日本)
推理小説(海外)
随筆(日本)
随筆(海外)
古典・伝承文学
詩歌・短歌・川柳
大人の絵本(日本)
大人の絵本(海外)
ネコを知る(日本)
ネコを知る(海外)
獣医学
獣医論・エッセイ
動物愛護・保護
人畜共通感染症
飼育書
法律
写真集
絵画集・版画集
児童文学・童話
絵本・幼児本
図鑑
マンガ
猫雑誌
その他

猫番外編
小説
エッセイなど
その他の猫本

野生のネコ科
小説
エッセイ・ルポ等
ネコ科を知る
図鑑
その他

猫以外の動物の本
猫/動物映画
一般の本
猫の名前一覧表


猫短歌・猫俳句・猫川柳
投稿猫画像・マンガ
猫砂レポート
同居の工夫
猫事典!
キャットタワー


里親募集掲示板


インターネット書店街


*** ***


猫
猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

☆☆☆