猫とネコとふたつの本棚ネコを知る(海外)>ドゥハッス「猫、この知られざるもの」 
書評ページタイトルイメージ
猫の里親バナー
猫の里親バナー


「猫、この知られざるもの」
ジョエル・ドゥハッス
塚田導晴訳

中公文庫   
c2002年   NDC:645.6
ISBN: 4122040523    
Joel Dehasse " Le chat cet inconnu"

 

【推薦:管理人】

著者はペットの行動学専門家。
欧州行動問題獣医学会の総裁として国際的にも有名な獣医師。

さすがそのような経歴の持ち主だけあって、非常にわかりやすく、猫と暮らす人には是非読んでほしいと思われる内容だ。

とくに第1章〜第5章(=猫の社交性や縄張りに関する章)、および、第9章〜第16章(=猫の心身の発達・生育に関する章)などは、じっくり読んでしっかり理解してほしい。

猫はとかく誤解されやすい動物らしい。
猫と一緒に暮らしている人でさえ、猫の気持ちを全然理解していない人がけっこう多い。
猫サイトの掲示板を読んでいると、時々「え?」というような書き込みを見つけるが、この本を読んで、どうして猫がそのように行動するのか理解すれば、多くの疑問は解消するだろう。

また、日本のペット業界では普通に行われていることだが、あまりに幼い子猫を、親兄弟から引き離し、狭いケージに押し込めて店頭の人混みの中で展示販売し、何も知らない人に売りさばくという行為が、どれほど猫の健全な精神的発育を妨げているかということもわかるだろう。

この本の特徴は、きわめて冷静で科学的な目で書かれた上記各章の間に、非科学的と批判されかねないような内容の章も混在しているということだ。
「第19章 幽霊になった猫」など。

著者は後書きでこう書いている。

『格式を重んじる行動学者の興味深いが狭隘な見解を補って、超心理学的な側面をとりあげ、また猫に意識と道徳性をも与えようとするのが、本書の意図するところなのです。』

超心理学的な記述があるからといって、著者の猫にたいする知識を疑ってはいけない。
むしろ、それだけ深く猫に感情移入しているからこそ見えてくる猫の科学的側面も多いのだ。

猫という動物には、あきらかに深く豊かな精神活動があり、それがある以上、外から見ただけの単純な行動科学では理解できない部分が多い。
著者くらい猫に‘はまって’しまわないと、猫を本当に理解することはできないのだろう。

私は、この本は、たいそう面白いと思った。

(2004.06.22)
★面白さ4:情報度4:お勧め度4

【楽天ブックス】→猫、この知られざるもの
【紀伊國屋書店できの本を見る】→猫、この知られざるもの

ネコを知る(海外)
「と」から始まる著者
「ね」から始まる書名

猫バナー

Google
Web このサイト内

索引
旧ジャンル別


猫本(旧)
小説(日本)
小説(海外)
推理小説(日本)
推理小説(海外)
随筆(日本)
随筆(海外)
古典・伝承文学
詩歌・短歌・川柳
大人の絵本(日本)
大人の絵本(海外)
ネコを知る(日本)
ネコを知る(海外)
獣医学
獣医論・エッセイ
動物愛護・保護
人畜共通感染症
飼育書
法律
写真集
絵画集・版画集
児童文学・童話
絵本・幼児本
図鑑
マンガ
猫雑誌
その他

猫番外編
小説
エッセイなど
その他の猫本

野生のネコ科
小説
エッセイ・ルポ等
ネコ科を知る
図鑑
その他

猫以外の動物の本
猫/動物映画
一般の本
猫の名前一覧表


猫短歌・猫俳句・猫川柳
投稿猫画像・マンガ
猫砂レポート
同居の工夫
猫事典!
キャットタワー


里親募集掲示板


インターネット書店街


*** ***


猫
猫とネコとふたつの本棚 Homeへ戻る

 

☆☆☆